アンネのこと、すべて

小林エリカ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591159934
ISBN 10 : 4591159930
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
39p;29

内容詳細

ヒトラーはなぜユダヤ人を嫌ったの?“隠れ家”は退屈じゃない?だれがアンネ・フランクを裏切った?…アンネが生きたのはどのような世界だったのでしょう。これまで子どもたちから寄せられた、たくさんの質問に答えるための本。その誕生から死、そして今までをたどります。

目次 : プロローグ 誕生日パーティ―1939/ ドイツ人の女の子―1929‐1934/ 新しい国―1934‐1940/ 戦争!―1940‐1942/ 隠れる―1942‐1944/ アンネの死―1944‐1945/ オットーの帰還と、アンネの日記―1945‐/ エピローグ アンネの友だち

【著者紹介】
小林エリカ : 作家・マンガ家。著書は、小説『マダム・キュリーと朝食を』(第27回三島由紀夫賞候補、第151回芥川龍之介賞候補)など

石岡史子 : NPO法人ホロコースト教育資料センター(Kokoro)代表。世界40カ国で翻訳されている『ハンナのかばん』(ポプラ社)の登場人物であり訳者。年間100の学校や自治体で授業を行う。カナダ・ヨーク大学より名誉博士号を授与(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • G-dark さん

    写真を豊富に使い、アンネの生涯や当時の社会背景を分かりやすく教えてくれる本。特にP5掲載の家族写真を見ると心が痛みました。この時は幸せそうに笑っていた一家。まさかこの写真を撮ってしばらくして、世界史に残る悲劇に見舞われるとは…。辛いけれど、現実に起きたこと。同じ悲劇を繰り返さないために学ばないといけません。わたしたちだって、今後同じ目にあわないとは言い切れません。当時は人種に限らず、信仰、障がい、性的指向、政治信条などを理由に次々と人が殺されたのですから。人を殺す人は、どんな理由でも人を殺せるのだから。

  • Olga さん

    読みごたえたっぷり。写真が多く、資料として充実している。

  • せしる さん

    感想を長く書いたのに消えてしまいました。 とてもよみごたえがありカラー写真も多く値段が高めなのがわかります。 アンネフランクという女の子のことがよくわかりました。今の時代に読んでも、大事なこと、なくしてはいけないことなどいろいろ考えさせられます。1点、本の作りがかわった作りになっているのですが、読みながらいったりきたりするときに、とても扱いづらかとったです。何か意味があるのでしょうか

  • そーすけ さん

    36*アンネ・フランク・ハウスがこんな本を出していたんですね。

  • nem-nem さん

    文字通り、アンネ・フランクのことがかなりわかった気になる本。よく知られた隠れ家生活を強いられるようになるまで、アンネはどういう子どもだったのか。日記を友だちとして不自由な生活に耐える日々と強制収容所送りになってから戦後まで、アンネを取り巻く人々と社会情勢がくわしく描かれている。『日記』と前後して読むといいのだろう。ところどころ小さいページがはさみ込んであるスタイルがユニークで、豊富な写真から時代背景がよくわかる。そんな遠い昔ではない時代にこんな恐ろしいことがあったと実感できた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小林エリカ

作家・マンガ家。著書は、小説『マダム・キュリーと朝食を』(第27回三島由紀夫賞候補、第151回芥川龍之介賞候補)など

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品