キラッキラの君になるために ビリギャル真実の物語

小林さやか

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838730421
ISBN 10 : 483873042X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
270p;19

内容詳細

偏差値を40上げて慶應大学現役合格! 累計100万部のベストセラーのモデルとなった、ビリギャル本人による、初の書き下ろし! 『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の大ヒットで、ビリギャルと呼ばれることになった小林さやかさん。その後、どんな20代を送ってきたのか。失恋、アルバイト、就職、転職、結婚、離婚……波瀾万丈の体験を通して、死ぬ気で頑張ることの価値と楽しさを、後輩たちに向けて熱く語ります。本人目線の「ビリギャルの真実」、大学受験で見つけた「夢を叶える6つの法則」、崩壊していた家族の再生物語など、著者の本音がつまった、読みどころ満載、話題たっぷりの一冊です。

【著者紹介】
小林さやか : 『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(坪田信貴・著)の主人公=ビリギャル。1988年3月生まれ、名古屋市出身。高2の夏に小学4年レベル、偏差値30の学力しかなかったが、その後、1年半で偏差値を40上げ、慶應義塾大学に現役で合格。卒業後はウエディングプランナーとして活躍、2014年にフリーランスに転身。現在は全国での講演活動やイベントの企画運営をしながら、札幌新陽高校にて「校長の右目」という役職にてインターンをするなど、多岐にわたり活動。2019年春より、教育学の研究のために大学院に進学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • シャコタンブルー さん

    表紙の写真の小林さん眩しいくらい輝いている!。本当に素敵な大人の女性になっていたんだ。「ビリギャリ」の本を読み、映画を見て感動したが本書を読み知られざるエピソードも多数あり感慨深いものがあった。特に母親の無垢で純真な愛情がヒシヒシと伝わり泣けた。「ワクワクすることを自分の力で、見つけられる人になってほしい」という母の願いどおりに彼女は邁進しキラキラしているように思えた。札幌での保険体育の授業「性教育」の話には感動した。授業後、追いかけてきて黙って彼女の手をぎゅうと握った女子生徒二人の気持ち良く分かる。

  • 笑う門には福来る さん

    やっぱり私は人が大好きだ!と確信を持って言える小林さやかさんがステキ✨ 人との出会いが、環境が、人を作る。 ステキな人との出会いは財産👑 自己肯定感があればなんでもできる! ビリギャルの本を読んで小林さやかさんとお母さんの人柄に惹かれ、そしたらなんとたまたま読んでる最中に小林さやかさんの講演が我が町であり聴きに行き、感銘を受けたのがきっかけで、こちらも読了。

  • Hachi_bee さん

    ビリギャル御本人 @sayaka03150915 の真実の物語。 お母様のファンになりました。 https://bookmeter.com/books/9501842 ↑も読まなくちゃ! 「ビリギャル誕生秘話」だけでも立ち読みして!気に入ったら買って帰ったらいいと思います。 坪田先生もスゴい方ですね。P.98辺りに書かれている勉強方法は、僕自身高校入学時にやった。中3の英語の問題集をGWに仕上げて自信を取り戻しました。p.226の校則の話はかなり納得。生徒が校則を作れたらもっといいとは思いますが。

  • しばけん さん

    ビリギャルの0話とその後のお話。 彼女に関わる全ての人が濃い。こんな人達がいるんだと。自分の人生薄っぺらいなあとしみじみ思いました。 彼女の周りの人達がこんなにもドラマがあるのはきっと 彼女自身が人が好きだから沢山の人に出会い深く知っていく。 慶應に受かったけどあくまでそれは才能でも何でもない。ただの努力。 ビリギャルの本当に凄いのは 人と深く広く関われる才能。その分沢山の人に失望し 傷つけられた過去もあるけど 視野がものすごく広いんだろうな。

  • kirara さん

    ★★★★★ ビリギャルは読んでないので、「1年ちょっとで慶應に入れるまでに偏差値を上げたギャル」のその後のストーリーかな?位に考えてて読み始めたのだけれど、ただのギャルじゃなかった。人が大好きで、愛情深く、ものすごく素直な女性!深い愛情で育ててくれた彼女のお母さんの子育ても素晴らしく、そのおかげで今の彼女のメンタリティーができあがったんだなと思う。 単に短期間で成績を上げた女の子ではなかったからこそビリギャルはヒットしたんだなぁと納得!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小林さやか

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(坪田信貴・著)の主人公=ビリギャル。1988年3月生まれ、名古屋市出身。高2の夏に小学4年レベル、偏差値30の学力しかなかったが、その後、1年半で偏差値を40上げ、慶應義塾大学に現役で合格。卒業後はウエディングプランナーとして活

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品