古典再入門 『土佐日記』を入りぐちにして

小松英雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784305703262
ISBN 10 : 4305703262
フォーマット
出版社
発行年月
2006年11月
日本
追加情報
:
20cm,333,6p

内容詳細

ひとつの文を完結した表現として分析し、前後との関係に無頓着な古典文法はリセット。断片としての古文から、文学作品としての古典への再入門。文献学的アプローチによる表現解析から土左日記を読み直す。

【著者紹介】
小松英雄 : 1929年、東京生まれ。四国大学大学院文学研究科講師。筑波大学名誉教授。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ひよピパパ さん

    『土佐日記』の従来の読み方に対して再考を促す画期的かつ刺激的な書。紀貫之は女性のふりなどしていないと説くその論旨は明解。冒頭の目次部分で既に本書で言わんとするところが熱く語られているので、はじめからまさに小林秀雄ワールドに誘われる。ただ、論の展開がやや冗長。もっと密度を高めて論述できるのでは、と思えた。

  • ますたけ さん

    つまらない古典の授業は、訳せるけど意味不明の文章を、古典文法を用いて現代語訳し、暗記を強いる点。本書を読み、少なくとも原書(写本)に当たると、見え方が異なることを体験できた。また、一見すると、意味や必然性が感じられない部分には、言葉遊び的な何かが隠れているかもしれない。これまでの常識が本質をとらえていない体験を、生徒が実感できたら、面白い授業になるのでしょうね。常識に対して疑問を持ち新しい見方を創造する(周囲から受容・評価されるかは別として)のは、単なる暗記よりずっと刺戟的。

  • しー さん

    非常に刺激的で面白い本であった。著者のテクストに向き合う姿勢は見習わなくてはならない。『土左日記』を学校現場で扱うとき、この本を読んだ今、私が習ったままの授業はできないと思った。また、『土左日記』に限らず、教材として扱われる作品についてより丁寧な教材研究が必要とされると思った。

  • うろたんし さん

    おもしろすぎた。

  • nice_sheep さん

    3年前からずっと読みたくてやっと読んだ。interesting。ミステリー小説を読んだときのような謎解きのスッキリ感やなるほど感を濃く味わえる。紀貫之の「土左日記」について、女性に仮託して書いたとされることをはじめとする従来の説を否定し、新しい読み解き方を提示した本。学問的なので軽く読めるというものではないが、こうしたジャンルの中ではわかりやすいものであることは確か。私の愚鈍さでは多分10%も理解できていないが、必ず再読して深めていきたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小松英雄

出生1929年、東京。筑波大学名誉教授。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品