CD

ブエノスアイレスのマリア Maria De Buenos Aires

小松亮太

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC1644
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

デビュー15周年記念。ピアソラの最高傑作に挑むライヴ・レコーディング

タンゴというジャンル自体を背負う世界的バンドネオン奏者であり、近年は映画・TVでの作曲活動も目覚ましい小松亮太のデビュー15周年記念アルバムです。今作は「タンゴの革命児」アストル・ピアソラの最高傑作との呼び声も高いタンゴ・オペリータ「ブエノスアイレスのマリア」のライブ・レコーディング(2013年6月29日開催)。東日本大震災の影響で延期になっていたコンサートの復活公演であり、小松亮太の演奏活動史でも、極めて重要な意味をもつ公演となります。この演目の初演者であり、ピアソラの元妻でもあるアルゼンチンの国民的歌手アメリータ・バルタールを招聘して公演(初来日)。
(メーカー資料より)

演奏曲
作曲:アストル・ピアソラ 作詞:オラシオ・フェレール
タンゴ・オペリータ《ブエノスアイレスのマリア》全曲[コンサート形式/スペイン語上演/歌詞対訳付き]

演奏
小松亮太(バンドネオン)、アメリータ・バルタール(歌)、レオナルド・グラナドス(歌)、ギジェルモ・フェルナンデス(語り)、Tokyo Tango Dectet

録音
2013年6月29日 東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

解説歌詞対訳付

内容詳細

タンゴの底にある情念を象徴的なテキストとピアソラ渾身の音の業で濃密に表出する大作に、小松亮太率いる日本の音楽家たちが肉迫。熱く思いを集中させ、三人の本場大立者の濃密に血を感じさせる声と語りに音で渡り合う。その凝縮したエモーションが見事。震災で一旦中止となった企画の復活公演ライヴ。★(中)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小松亮太

東京生まれ。14歳よりバンドネオンを独習。 1998年、ソニーより衝撃的なCDデビューを果たす。共演は、ピアソラと共に活動したタンゴ界のトップアーティストたち。タンゴを若い世代にブレイクさせる引き金となり、同年のツアーは圧倒的な人気を得た。以後、自身のユニットをひきいて多数の公演をこなしながら、自らのプロデ

プロフィール詳細へ

ラテン に関連する商品情報

おすすめの商品