SACD

新世界

小曽根真

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCGJ7004
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
スタジオレコーディング, ハイブリッド

商品説明

1996年に結成しレギュラー・トリオとしてハイレベルな活躍を展開してきた「The Trio」に弦楽四重奏をプラスした「セプテット」編成のよる組曲風作品。
 かつてECMのチック・コリアの作品『セクステットの為の叙情組曲』にチェロ奏者として参加した経験を持つフレッド・シェリーの協力を得て、若手のストリングス・カルテットを起用、全曲がメンバーのオリジナル作品。編曲はCEをクラレンス・ペンが担当、それ以外の全てを小曽根自身が提供した。
 クラシカルで誰も居ない夜の憂愁を感じさせる組曲「夜の子供部屋」をはじめ、スパニッシュな雰囲気を感じさせるC、同じくチッコ・コリアの曲にありそうなロマンチックな旋律が印象的なD、淡々と流れるメロディが哀愁を誘うジェームス・ジナス作のF、ストリングスのアレンジが異彩を放つアグレッシブながら猫の足取りをユーモラスに感じさせるHまでバラエティに富みながら極めて高い音楽性を含んだ作品となっている。

内容詳細

組曲「夜の子供部屋」をはじめ、クラシック音楽をテーマにしたオリジナル曲集。トリオ+弦楽四重奏による録音。冒頭の組曲は作家・井上ひさしの依頼により、山形国民文化祭の開会式のために作曲・演奏した。クラシックとジャズの素晴らしい融合だ。(信)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

組曲「夜の子供部屋」

  • 01. 組曲 『夜の子供部屋』 a.第1楽章 Andante Scherzando
  • 02. 組曲 『夜の子供部屋』 b.第2楽章 Largo
  • 03. 組曲 『夜の子供部屋』 c.第3楽章 Maestoso Con Fuoco
  • 04. ボレロ
  • 05. ウノ! ウノ!
  • 06. スプリング
  • 07. カミノス・デ・アブロホス
  • 08. フォーガトゥン・ドリーム
  • 09. キャット・パトロール

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ozoneの新境地ですな 完璧な作品でしょう

投稿日:2004/08/27 (金)

ozoneの新境地ですな 完璧な作品でしょう

KK さん | osaka | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小曽根真

1961年、神戸生まれ。オスカー・ピーターソンに影響を受けてジャズ・ピアノを始める。バークリー音楽院卒業後、83年に米CBSと専属契約を結び、デビュー・アルバム『OZONE』を発表。トリオ、ソロ、ビッグバンド、オーケストラとの共演など、多様なスタイルで精力的に活動。2008年2月にノー・ネーム・ホーセズとしての2枚目の

プロフィール詳細へ

小曽根真に関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品