一気に読める「戦争」の昭和史 1937〜1945 扶桑社新書

小川榮太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594079956
ISBN 10 : 4594079954
フォーマット
出版社
発行年月
2018年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
438p;18

内容詳細

急激に、世界の列強に躍り出た日本。英米独ソ、中国共産党の様々な策謀に翻弄されながら見たアジアの大帝国出現の夢…。しかし、最も冷徹な戦略眼を持つべきエリートたちにそれが全く欠けていた。節度と戦略なき外交が招いた日本の破滅。「戦争」と昭和史を戦略的観点で分析する!日本はなぜ「判断」を誤ったのか?

目次 : 序章 予兆―日本の命運を分けたもの/ 第1章 勃発―「世界大戦」という荒波へ/ 第2章 悪路―なぜアメリカと敵対したのか/ 第3章 日米開戦―日本の快進撃で幕が上がる/ 第4章 苦戦―終わりなき前線での死闘/ 第5章 終戦―何を守り、何を失ったのか

【著者紹介】
小川榮太郎 : 文藝評論家。一般社団法人日本平和学研究所理事長。昭和42(1967)年生まれ。大阪大学文学部卒業、埼玉大学大学院修了。専門は近代日本文學、十九世紀ドイツ音楽。平成29(2017)年、フジサンケイグループ主催の第18回正論新風賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しばいぬ さん

    新書を買い直しました。 史実に基づき著者の思想を排し丁寧に当時の状況が書かれており、当時の最適な手段は何であったのかを考え書かれています。自虐史観・大東亜史観?でもなくフラットな立場からの一冊。 この頃から日本人は性善説に立ち過ぎていると感じた。言い方は悪いが、お互いに利用しあうくらいの図太さも必要だった。それも含めて戦略性・見通しの甘さよ。あまり知られてないが、開戦を回避しようと奮闘された方々もいた事を知ってほしい。 ネオ東京裁判でも語られているが、もっとスマートなやり方があったよ(*´ω`*)

  • koba さん

    本書の前書きで著者は述べている。「特定の歴史観に縛られずに書くように努めた」「当事者になる想像力が必要」「当時の政治軍事判断に対し別の選択肢を思考実験する」。読んでみると何処かで誰かが主張していたような既視感がある。ソ連や中国共産党による陰謀説や後知恵とも思える「たら、れば」の頻出。後書きで「特定の歴史観に縛られずに書くには厳密には不可能」「人はある角度からしか物を見ることはできない」と正直に吐露している。安倍総理に近い著者の立ち位置を知れば、このような記述になることも納得。ただし、入門書としては便利だ。

  • tnyak さん

    満洲事変から終戦までを、当時の世界情勢と絡めながら分かりやすく解説した良書。日本の立ち位置や戦略方針はどうだったか、と歴史に問いかけながら綴られた、たいへん優れた昭和戦争記述書です。第五章の関行男隊長の遺書、涙しながら何度も何度も読み返しました。

  • 新父帰る さん

    一気にではないが、読み応えのある書だった。著者はまえがきにも記しているように、特定の歴史観に縛られないように書くこと。日米戦争を「無謀で愚かな戦争」と断定しないこと等を信条に筆を進める。よって本書の歴史観は、著者の言葉を借りれば、歴史の各時点で立ち止まり、その時点での日本の立ち位置や戦略方針はどうであったか、それをどう定めるべきでだったかという、歴史と対話しながらの戦略的な思考実験を試みたと。小生の読書暦から照らして、このような昭和戦争史を読むのは初めてだ。初めて読んだ本として、この本に出会えて良かった。

  • ヴァン さん

     満州事変から、日中戦争を経て、日米戦争、敗戦までをたどる。満州事変を調査したリットン調査団は、日本に好意的な解釈もしている。真珠湾奇襲の作戦完遂の段階で日米交渉に持っていくべき分岐点があったのかもしれない。本書は全体的にあっさり書いているので、詳述した他の類書を読むと戦争の時代の輪郭が鮮明になる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品