香港デモ戦記 集英社新書

小川善照

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087211214
ISBN 10 : 4087211215
フォーマット
出版社
発行年月
2020年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
256p;18

内容詳細

逃亡犯条例反対に端を発した香港デモは過激さを窮め、選挙での民主派勝利、コロナウィルス騒動を経てなお、混迷の度合いを深めている。
お気に入りのアイドルソングで気持ちを高める「勇武派」のオタク青年、ノースリーブの腕にサランラップを巻いて催涙ガスから「お肌を守る」少女たち……。
リーダーは存在せずネットで繋がり、誰かのアイデアをフラッシュモブ的に実行する香港デモ。
ブルース・リーの言葉「水になれ」を合い言葉に形を変え続ける、21世紀最大の市民運動の現場を活写する。

◆目次◆
序章 水になれ 香港人たちの新しいデモの形
第一章 二〇一四年『雨傘運動』の高揚と終息
第二章 未来のために戦う香港 二〇一九年デモ
第三章 デモの主力・学生たちの戦い
第四章 市民たちの総力戦
第五章 オタクたちの戦い
第六章 敵たちの実相
終章 周庭(アグネス・チョウ)の二〇一九年香港デモ
あとがき

◆著者略歴◆
小川 善照(おがわ よしあき)
1969年、佐賀県生まれ。東洋大学大学院博士前期課程修了。社会学修士。1997年から週刊ポスト記者として、事件取材などを担当。
『我思うゆえに我あり』で、第15回小学館ノンフィクション大賞の優秀賞を受賞。
社会の病理としての犯罪に興味を持ち続けている一方、雨傘運動以来、香港へ精力的に足を運び「Forbes」「日刊ゲンダイ」などの連載でその様子を綴っている。


【著者紹介】
小川善照 : 1969年、佐賀県生まれ。東洋大学大学院博士前期課程修了。社会学修士。1997年から週刊ポスト記者として、事件取材などを担当。『我思うゆえに我あり』で、第一五回小学館ノンフィクション大賞の優秀賞を受賞。社会の病理としての犯罪に興味を持ち続けている一方、雨傘運動以来、香港へ精力的に足を運び「Forbes」「日刊ゲンダイ」などの連載でその様子を綴っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アキ さん

    香港の悲しい運命。2014年雨傘運動の時にはまだどこかのんびりした雰囲気があり、警官も素顔で対応していた。2019年ブルース・リー「水になれ」を標語にリーダーなし覆面のデモ隊に、広東語が通じない認証番号もない警官が催涙弾を放つ。中国中央政府にとってGDPに占める香港の割合は3%に過ぎず、特別視する価値もなくなりつつある。2047年に1国2制度は消えゆく運命。それに反するように香港人のアイデンティティーは高まるばかり。更に2020年国家安全法導入のニュースを聞くに及び、香港の未来に暗澹たる思いを禁じ得ない。

  • ゆう。 さん

    自由と民主主義を求める香港の若者たちの姿から、民主主義は自然に存在するものではなく、私たちの行動によって左右されるものであることを学んだ。言論の自由を奪おうとする中国に対して、一国二制度を堅持し、香港のことは香港で決めるという訴えは当然だといえる。報道では過激な衝突ばかりが流されるが、多くは平和的なデモと言論によって訴えている。覇権主義を強める中国に対して、香港の若者の抵抗は大きな意味を持つ。この香港の運動から私たちは何を学ぶべきか、多くのことを考えさせられた。

  • ののまる さん

    全人代で香港版「国家安全法」が近日中に可決されてしまう。たくさんの人に読んで欲しい、香港人の闘い。雨傘運動から2019年の市民運動まで、とても丁寧な、一般市民の声。背景もよくわかります。出版時期のためにコロナで自宅自粛ところまでなのですが、来週以降、私の大好きな香港はどうなってしまうのだろうか。

  • takeのすけ さん

    インタビューを受けてる人たちが何人もその後逮捕されてるらしいのが悲しい。

  • 2n2n さん

    2019年逃亡犯条例反対デモから現在も続く香港デモの、現場の生の様子を伝えたルポ。デモ隊と一言で言っても、黒装束の暴徒から、平和的な抗議活動を貫く人たちまで様々。デモ隊の思想も、「香港のことは香港人が決める」という自由主義的な自決派から「香港人は中華民族とは無関係の、香港民族である」という民族主義的な本土派まで様々。街の人の反応も、デモ隊に協力的な飲食店店舗から、暴徒による街の破壊にうんざりする住民まで様々。香港デモは若者中心の活動で、日本の漫画やアニメ文化によって若者の心が鼓舞されているという話まである

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品