プロ野球2.0 立命館大学経営学部スポーツビジネス講義録 扶桑社新書

小島克典

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594055912
ISBN 10 : 4594055915
フォーマット
出版社
発行年月
2008年03月
日本
追加情報
:
18cm,223p

内容詳細

ウェブ2.0にみられる「カスタマイズ」「集合知」などの概念をプロ野球で活用しよう。人々を熱くさせるプロ野球が、未来はもっと凄いプロ野球であるように、次世代のプロ野球を考察。大学の超人気講義を新書化。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • satoben さん

    日本はアメリカに比べスポーツが遅れている、という印象が伝わってきた。そんな中にあるから、逆に日本の良さを生かす提言がないことが残念であった。アメリカの真似、真似に走るのでなく、参考程度にとどめてほしい。(気になったコトバ:スポーツの本質はルールと競争、イギリスサッカーは非常にオープン、メジャーで給料上昇は3年目から、阪神ファンクラブ15万、Jリーグは年棒の半分が実力査定)

  • かめかめ さん

    帯に大きく「松坂への120億円はフェアな価格だった」と書いてあります。 日本と同じプロ野球なのに、どうしてメジャーリーグはあれほど高額な年棒を 払えるのか興味がありました。 すべて解決したわけではありませんが、その仕組みがチラッとわかった ような気がしてきました。 本の構成も魅力的です。 現場の人々が本音を語ってくれています。大学の人気講義を書籍化したのですが、 こんな楽しい講義だったら今でも聞きに行きたいくらいです。 本書の結びに引用してあったダーヴィンの言葉が象徴的です。 「生物の世界では最も強い

  • 大天使の息吹 さん

    選手を擁護した文章が多かった。今のプロ野球では、年俸が高騰していくのは不可能だと思う。ただ3つのバランスでプロスポーツ業界は成り立っているというのは非常に勉強になった。

  • ふじー さん

    プロ野球と大リーグの運営差など、大学で学ぶ基礎をここで身に付けた気がする。

  • ryo511 さん

    本筋のスポーツビジネスも興味深いけど、話者の専門分野や年齢によってロジックやレトリックが異なる点の方がより興味深かった。B

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小島克典

1973年神奈川県厚木市生まれ。日本大学芸術学部卒業。1996年アトランタ五輪日本代表野球チームの通訳をきっかけに、1997年横浜ベイスターズ入社。通訳兼広報を担当。2000年には国内初の独立型ファームチーム「湘南シーレックス」を立ち上げる。2002年よりアメリカ球界へ。SFジャイアンツ、NYメッツ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品