村上春樹を読む午後

小山鉄郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163900803
ISBN 10 : 4163900802
フォーマット
出版社
発行年月
2014年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
277p;19

内容詳細

最良の読み手二人の対話による、村上作品の読み解き。鋭敏な批評家と、日本記者クラブ賞を受賞した記者が村上春樹の小説を徹底して読み、村上文学の中心へと鮮やかに切り込む。15のコラム、書誌的年譜付き。

目次 : 対話1 『風の歌を聴け』から『アフターダーク』まで/ 対話2 『1Q84』を解読する/ 対話3 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の魅力/ 対話4 短編小説をめぐって

【著者紹介】
湯川豊 : 1938年新潟県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。文藝春秋に入社し、「文學界」編集長、同社取締役などを経て、東海大学教授、京都造形芸術大学教授を歴任。著書に『須賀敦子を読む』(読売文学賞受賞)など

小山鉄郎 : 1949年群馬県生まれ。一橋大学経済学部卒業。共同通信社に入社し、社会部などを経て文化部・文芸担当記者などを務める。現在、同社編集委員兼論説委員。2013年に日本記者クラブ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • こうちゃ さん

    鋭敏な批評家・湯川豊と、日本記者クラブ賞を受賞した記者・小山鉄郎が、村上春樹の小説を徹底して読み、対話により村上文学の中心へと鮮やかに切り込む。4つの対話と15のコラム、そして26ページにも及ぶ書誌的年譜付き。〔1Q84〕〔色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年〕についての対話を読んで、自分の解釈が概ね同じだったことに安心する。

  • 酩酊石打刑 さん

    文体についての言及は興味深かった。あとはまあ、いい意味でも悪い意味でも「村上さんとつきあいがある」人たちの村上春樹論だといった感じだ。対談分よりも、それぞれのコラムの方が楽しく読めた。小山鉄朗という人の深読みは、ちょっと鬱陶しい気がした。

  • 苑田 謙 さん

    村上春樹が、白川静の影響を強くうけてるとゆう指摘が興味ぶかかった。『アフターダーク』には、白川と高橋和巳まで出てくるらしい。村上文学も白川文字学もファンタジーだから、共通点は多々ありそう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド