宇宙兄弟 11 モーニングkc

小山宙哉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063729399
ISBN 10 : 4063729397
フォーマット
出版社
発行年月
2010年09月
日本
追加情報
:
19cm,223p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    ムッタとビンズの今後の関係が気になる。人生は短いって言葉に感銘を受けた。

  • masa@レビューお休み中 さん

    いつも思うのだけど、ヘビーな話なのにヘビーに感じない。それどころか、読んでいるとこちらまで頑張ろうという気持ちにさせられるんですよね。ムッタが熱を出しても、ゴールできないかもと思っても、最下位でダメかと思っても…。なぜか彼が関わると冗談とも本気ともとれないような、笑いとか希望とかが見えてくるんですよね。砂漠を歩いて終わりかと思いきや、今度はローバー作成。いやいや、宇宙飛行士って一体いくつの顔と、いくつの才能と、どれだけの努力を積めばなれるんだ!?と常人には理解できない領域なことを改めて感じましたね。

  • PSV さん

    人が宇宙に行ってこその宇宙開発だ  私はそう信じています  我々の邪魔をする者は 皆 敵です  ★★★☆☆  おっさんの過去話が良いなぁ。この熱さが凄く好き。

  • 645 さん

    リックの位置に六太、表紙が良いですね。元技術職故の“失敗”に対する考えや言動がこの三人を繋げるとは予想外。今迄も辛い過去を背負った人物は居たけど、彼らも悲しみも相当なもの。特に、ピコはブライアンの死から未だ解放されて無い様だし。当時の責任者や少年期の先生、どちらの言動も正論だけど…著者も分り易く死んだ目で描く当たり“夢”を理解しない、後押ししない人間に対し思う所があるのだと伝わった。一件、偏屈や怠惰に見える人間も宇宙への情熱はちゃんと秘めている。六太と接するとそんな胸の内が見えて来るのが凄いし面白い。

  • HIRO1970 さん

    ☆☆☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

小山宙哉に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド