猫女房 妻が愛したネコと…ボク。

小宮孝泰

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784798055688
ISBN 10 : 4798055689
フォーマット
出版社
発行年月
2018年09月
日本
追加情報
:
224p;19

内容詳細

役者小宮孝泰が綴る、先立った妻へのラブレター。妻が遺した“がんと過ごした日々”の記録、夫を気遣い叱咤する妻のメモ、そしてネコの写真―あたたかくて、切ないエッセイがここに。役者・コント赤寺号の小宮孝泰が綴る、先立った愛妻との出逢いから別離まで。落語家春風亭昇太さんとの対談を収録!

目次 : 第1章 妻のこと/ 第2章 猫旅/ 第3章 告知/ 第4章 ちょっとずつ、ちょっとずつ/ 猫女房写真館/ 妻が記した、がんのメモ/ 妻からの手紙/ 特別対談 落語家春風亭昇太vs小宮孝泰「芸と人生、結婚…を語る!」/ おひとりさまの季節―エピローグにかえて

【著者紹介】
小宮孝泰 : 1956年、神奈川県小田原市生まれ。明治大学卒業。1980年に渡辺正行、ラサール石井とともに「コント赤信号」としてTVデビュー。30代からは俳優として舞台、ドラマ・映画等で活躍中。1991年「M.C.小宮」の名前で音楽デビューし話題となる。2004年に文化庁文化交流使としてロンドンに演劇留学、英語の一人芝居にも挑む。高校・大学では落語研究会に所属。現在は、役者による落語会「ごらく亭」を主催して高座にも上がる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • dolce vita さん

    #NetGalleyJP

  • 松宇正一 さん

    猫のことなのか、死のことなのか、家族のことなのか、仕事のことなのか、軸がブレブレで、いや、そもそも存在していなくて、そして時系列なのか事項別なのかの骨格もグニャグニャ。これは全て編集者の責任であり、はっきり言って未完成品。用字用語の統一ができていないばかりか、誤字、脱字、誤植の見本市である。こんな状態のものを印刷して世に出すから皆本を読まなくなってしまう。編集者に加えて版元の罪は極めて深い。初の★一つ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小宮孝泰

1956年、神奈川県小田原市生まれ。明治大学卒業。1980年に渡辺正行、ラサール石井とともに「コント赤信号」としてTVデビュー。30代からは俳優として舞台、ドラマ・映画等で活躍中。1991年「M.C.小宮」の名前で音楽デビューし話題となる。2004年に文化庁文化交流使としてロンドンに演劇留学、英語の

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品