種子法廃止と北海道の食と農 地域で支え合う農業CSAの可能性

寿郎社

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784909281104
ISBN 10 : 490928110X
フォーマット
出版社
発行年月
2018年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
167p;21

内容詳細

米・麦・大豆の生産・普及を地方自治体に義務付けていた「種子法」が廃止され、主要農作物のタネが“自由市場”へ―どうなる、北の大地の食と農。

目次 : 第1部 種を継ぐ人々(いのちは誰のもの?―種子法廃止が与える農家への影響/ 種がつなぐ、人と地域と自然と ほか)/ 第2部 種子法の廃止とこれからの行方(種子法が果たしてきた役割と廃止後の課題/ 種子法はなぜ廃止されたのか ほか)/ 第3部 先端育種技術と種子法廃止の関係(種子法廃止と遺伝子組み換え作物/ 種子法廃止とゲノム編集)/ 第4部 これからの食と農を考える(命を支える「食の経済」をつくろう/ ローカリゼーションが人々を幸せにする)/ 補遺 種子は人類共有の財産?それとも企業の所有物?

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • もけうに さん

    極端な論もあるが、種子をグローバル経済の中に組み込んでしまう危険性がわかり、面白かった。生物多様性は大事。種子に関しては経済的利益だけを追求せず、地産地消・生産者保護を重視することが食のリスクヘッジに繋がる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品