文芸誌編集実記

寺田博

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309022857
ISBN 10 : 4309022855
フォーマット
出版社
発行年月
2014年04月
日本
追加情報
:
211p;20

内容詳細

全身編集者、魂の記録。後発文芸誌「文藝」の編集部に配属、そして編集長に。金はない、人脈もない、あるのは文学への愛と情熱のみ。作家との真剣な付き合いから、誌面作りの細かい苦労話まで。エピソード満載で綴られた、名物編集者による肉声の文学史。

目次 : 「文藝」復刊―一九六二年/ 「文藝の会」―一九六二年後半/ 同世代の四人の作家―一九六三年前半/ 坂本一亀の編集長辞任―一九六三年後半/ 文芸内閣組閣―一九六四年/ 編集長に命じられる―一九六五年前半/ 通夜と葬儀の間―一九六五年後半/ 江藤淳vs.吉本隆明―一九六六年前半/ わが編集者生活の二つの収穫―一九六六年後半/ 会社倒産から再生へ―一九六八年/ 特別対談「文藝」復刊のころ(坂本一亀×寺田博)

【著者紹介】
寺田博 : 1933年、京都府に生まれ、その後すぐ長崎県島原市に移る。早稲田大学卒業。スタイル社、學燈社を経て、61年、河出書房新社に入社。65年、『文藝』編集長就任。76年、河出書房新社退社。79年、作品社を立ち上げ、文芸誌『作品』を創刊したが、6号で休刊。81年、福武書店に入社し、翌年、『海燕』を創刊。出版事業本部長などを経て、94年、同社を退社。以後、時代小説の評論家として健筆を振るう。2010年、結腸がんで死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • poefan さん

    戦後の純文学は『文藝』(『文芸』)を中心に回っていた。山川方夫のことが印象的。

  • savasava さん

    戦後の文芸誌の変遷について、とても細かく書かれていて興味深い内容だった。当時は戦前派、戦後派という言葉が大きく横たわり、詩、戯曲、小説と作家もそれぞれ区別なく創作している様子を知ると、現在それぞれに何となく分かれてしまっている現状は面白くないし、文芸というジャンルの力の弱さなのかなとも思う。それにしても文芸誌は昔も売れ筋ではなかったのだな、それが意外。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品