ダイヤのA act2 5 週刊少年マガジンKC

寺嶋裕二

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063957822
ISBN 10 : 4063957829
フォーマット
出版社
発売日
2016年10月17日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
18

内容詳細

春季大会準決勝、夏の前哨戦とも言える市大三高との対戦。出だしの制球に苦しむ両校のエース、降谷と天久だが、立ち直りに差が出始める。ライバル・降谷への苛立ち、「エース」に寄せる信頼への悔しさ‥、憤りを胸に、マウンドへ向かった沢村の投球は──。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • wata さん

    降谷君がどうしちゃったのか…。背負うものが重くて悩みすぎ?栄純は悩む気持ちもなく思い切りの良い全力投球❗負けちゃったけどね。

  • そうび さん

    「目の前の打者を、打ち取る。投手の役割なんて、それだけじゃねぇのか」 沢村が主人公してますよ。高みを目指すあまり余裕をなくした降谷。対して沢村は主将に鳥肌を立たせ、ボスに頭なでなでされ(うらやましい)、嬉しがりもせず悔しさを噛みしめる。天久はジーニアスなへんてこボーイである。

  • rn さん

    【kindle】春季東京都大会準決勝 青道対市大三高。立ちはだかるエース天久に青道打線も噛み合わず。夏に向け色々伏線が貼られてるのかな。ちょこっと出てきた結城先輩がナイスです。

  • またおやぢ さん

    才能が有るから絶対的エースになるのではない。自らの才能を知り、その才能をドコにドウ使うかを識っているものこそが真のエースとなる…一度もリズムを掴むことの出来なかった降谷に対し、初回の失点から立ち直り、圧巻の投球をみせる天久ボーイ。此奴を打ち負かすには、結城弟の覚醒待ちということか。沢村が心技体が整いつつあるのが今回の唯一の収穫だと思われるシリーズ第5巻。

  • ソラ さん

    沢村の見事な火消し振りにぐっときた。天久の無神経というか天然というか、そういう部分にはイラッとしつつもその場面から見えてきた光舟の沢村への接し方も変わりそうな点も期待。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

寺嶋裕二に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品