日本懐かしオカルト大全 タツミムック

寺井広樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784777820023
ISBN 10 : 4777820025
フォーマット
出版社
発行年月
2017年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
141p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kinkin さん

    UFO,UMA,心霊現象に超能力etc 70年代に一世を風靡した多くの不思議現象について当時の写真や解説とともに紹介されていて楽しい本だ。ツチノコもほぼ全国で目撃例あるものいまもって正体不明、UFOにさらわれて子供まで生んだ女性が出てきたりスプーン投げに、ぼんやりと写る心霊写真。怖くてトイレにいけなくなったりいい思い出だ。今でもそれらを追い求めている人がいるのだなあ。後半の敬愛するホラー漫画家、日野日出志さんのインタビューが載っているのがうれしい。図書館本

  • HANA さん

    UFO、心霊写真、ノストラダムス、コックリさん。かつて70〜80年代を彩った数々のオカルトがここに蘇る。今から見るとぶっちゃけチープなものが多いが、それでも今と比べると遥かにパワーを持ってるような気がする。ノスタルジアからだけではなく、当時の社会がこういうものを受け入れる余裕みたいなものを持ってたからのような気もするなあ。現在だとそういうものを削ぎ落して綺麗に清潔な社会になった代わりに、陰影のようなものが失われたように思う。ともあれ子供の頃親しんだ数々のものに、再び出会えて童心に帰るような読書でした。

  • 山田太郎 さん

    こっくりさんやらなかったり、スプーン曲げも微妙に時期あわなかったりするわけでした。あの小さい宇宙人の写真インチキとはしらなかったというか本物なわけないので、自分の中ではどういう位置にしていたのかよくわかんない。

  • 猫ぴょん さん

    懐かしさ面白さ!!納得の1冊(^o^)丿 宜保愛子さんに新倉イワオさん そうそうオカルトブームは凄かった。 ハマってたな〜(笑) 心霊特集は怖いのに観ちゃう矛盾(爆) UMA(謎の未確認生物)にユリゲラー うさんくささもまた楽しいのよね。 ホラー漫画もたくさん読んだな〜楳図かずおに日野日出志←いまだトラウマの気味悪さ。絵の気味悪さは断トツね! 最後は都市伝説特集(^-^; 学校の帰り道、本気で怖かった口裂け女(◎_◎;) そうそう生放送中に目が開いた武士の掛け軸!!! これがイッチ怖〜〜〜〜〜〜い。

  • chatnoir さん

    70年代半ばからの記憶はあるので、懐かしい一冊(笑)50年代はまだ知識人がオカルトに関わっているんだね。UFO研究会に星新一、小松左京、三島由紀夫、石原慎太郎が参加していてびっくり。石原さんは後にTV番組用のネッシー探索隊も結成しているらしい。昔の心霊番組はヤラセでも再現フィルムでも面白かったなぁ。今のデジタル加工で作られた映像は本当につまらない。個人的なトラウマは生首の絵。でも、オカルトは娯楽。今怖いのは自分や周りの人間の病気や貧困。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品