シノダ!鏡の中の秘密の池

富安陽子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784036440306
ISBN 10 : 4036440306
フォーマット
出版社
発行年月
2006年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,269p

内容詳細

突然、父方の祖母がやってくることに。しかも、祖母から送られてきた古い鏡台が届いてから、信田家では怪しい出来事が次々に起こる。謎を解くカギは、河童伝説と「ファーブル昆虫記」。大好評のシリーズ最新刊。

【著者紹介】
富安陽子 : 1959年東京に生まれる。和光大学人文学部卒業。『クヌギ林のザワザワ荘』により日本児童文学者協会新人賞、小学館文学賞、「小さなスズナ姫」シリーズにより新美南吉児童文学賞、『空へつづく神話』によりサンケイ児童出版文化賞を受賞。『やまんば山のモッコたち』はIBBYオナーリスト2002文学作品に選ばれた

大庭賢哉 : 1970年神奈川県に生まれる。漫画家・イラストレーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • masa@レビューお休み中 さん

    今回は信田家のパパが主役みたいですね。パパ方のおばあちゃんが、急に来ることになり、信田家は阿鼻叫喚の様相になります。なぜかというと…ママの家族が人の迷惑をかえりみないキツネ族だからです。案の定、おじいちゃんはベランダから現れるし、夜叉丸おじさんは火の玉を連れてやってきちゃうし、みんな冷や汗たらたら。しかも、問題はそれだけではないんですね。おばあちゃんから送られてきた古い鏡台が届いてから怪しい出来事が起こりはじめるのです…。きっと、信田パパにも何かあるんでしょうね。次巻では、その辺りのことにも触れてますよ。

  • ミーコ さん

    シノダシリーズ 2が図書館に空いて無かったので3 を読みましたが 読み終わった後も、とっても良い読後感に浸れる1冊です。まるで映像を観てる様に 頭の中に浮かんで来ます。ウルッと来たりじんわりした気持ちになったり・・・。アンリを鏡に閉じ込めたまま供養してしまうなんて❢ と悲しい気分になったけど、ママの閃きで素敵なクリスマスを迎える所でエンド。 このシリーズを読んで行くのが楽しみです。

  • takaC さん

    2巻と3巻をパラに読んでいたら厚さの関係で3巻を先に読み終わった。サザエさん風に登場人物が成長しないシリーズなのかと思っていたけど季節の流れがあるということはみんな歳をとっていくのか?それならそれで今後の展開が一層楽しみ。ところで朝6時50分が薄暗いというのは冬だから良いとして起きるには早すぎるってどういうこと?あと後部座席に4人並んで乗れるシビックなんてあるの?あ、そんな事言うのは野暮ですか。野暮ですね。

  • うしこ@灯れ松明の火(文庫フリークさんに賛同) さん

    毎年お正月になると父方の実家に行くことが恒例でしたが、今年は祖母が一人でユイたちの家にやってくることになりました。その時に祖母が預かり物だと言って送ってきたのは古い鏡台で・・。シリーズ第3弾。遠い子ども時代を思い出したくなるお話でした。何だかんだと言って顔を出したがる母方の親戚。登場するたびに何かせずにはいられないところが、登場するたびに一発ギャグをやる吉本新喜劇の芸人さんみたいで面白かったです♪祖母のキャラクターが良かったので再登場願いたいです♪★★★★

  • 深青 さん

    シリーズ3作目。シノダ家の複雑な事情を知らない父方のおばあちゃんが遊びにやってきた!ということで、キツネ一族にあたふたする一家の様子はとても面白かったです。おばあちゃんが気付いてしまうんじゃないかと私もドキドキしましたが…(笑)そして、パパの少年時代の夏の思い出もお話に絡んで来るのですが、これがほろ苦い。パパが彼の名前を呼ぶシーンが一番好きです。パパが連れて行かれなくて良かった!と思うけれど、二人の気持ちを考えるとやっぱりほろ苦くて、切ない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

富安陽子

1959年、東京都生まれ。和光大学人文学部卒業。『クヌギ林のザワザワ荘』により日本児童文学者協会新人賞と小学館文学賞、「小さなスズナ姫」シリーズにより新美南吉児童文学賞、『空へつづく神話』により産経児童出版文化賞、『盆まねき』により野間児童文芸賞と産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品