シノダ!チビ竜と魔法の実

富安陽子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784036440108
ISBN 10 : 4036440101
フォーマット
出版社
発行年月
2003年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,237p

内容詳細

人間のパパとキツネのママ、両方の血をひく3人の子どもたち。さらに、家に出入りする親類のキツネたち…。そんな重大な秘密をかかえた信田家に、小さな竜が迷いこんできた。ユーモアと不思議がいっぱいの物語。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • masa@レビューお休み中 さん

    オススメされていた富安さんの本をようやく読むことができました。信田一家は、ユイ、タクミ、モエの三兄弟とパパとママの五人家族。普通の家族のように見えるのですが、実はママの正体がキツネなのです。全然予備知識なく読んだのですが、これはみなさんオススメするだけあって、文句なしに面白いですね。いきなり、キツネ姿のおじいちゃんが出てきたり、おじいちゃんの置きみやげのチビ竜がお風呂場を占拠したり…。予測できない事件が次から次へと起こるので、ワクワクしながらページをめくってしまいます。つづけて第二弾も読んでみようと思いま

  • takaC さん

    先週に文庫で読んだばかりだけど挿絵に興味があって児童書版も再読。文庫になかったあれこれをじっくり眺めました。佐山さんとかマンションの台所とか浴室とか居間の絵とか。学校や街並みも然り。今朝読んだ4巻には挿絵頼りの描写があったけどこの巻にはそれはなさそう。

  • うしこ@灯れ松明の火(文庫フリークさんに賛同) さん

    信田家は一見どこにでもいる普通の家族。でも実はママがキツネという重大な秘密がありました。信田家には時折ママの親族がやってきて何かと騒動を持ちこみ・・。シリーズ第1弾。読友さんご紹介の本です♪面白かったです。ハッカドロップをもらって喜ぶチビ竜が可愛かったです♪そして何事にも動じないパパが頼もしかったです。どんな困難もこの家族なら力を合わせて乗り越えていけそうですね♪次巻も楽しみです♪★★★★

  • ミーコ さん

    富安さん 3冊め。司書さんが個人的に好き とおっしゃられてたので手にしました。あとがきで知ったのですが「信田妻」をモチーフに書かれたとの事。人間の男と雌狐との間に生まれたのが安倍晴明だったとは❢ 浮世離れしたパパ しっかりモノのキツネのママ 可愛い子供3人ママの厄介な親戚…のお話。タクミの背中にウロコが・・・ どうなるのかヤキモキしたり チビ竜がどうなるのか気になり一気に読了。ママのお日様と影のお話が良かったです。シリーズを追って行きます。

  • chiaki さん

    信田妻をモチーフにしたストーリーにどんどん引き込まれる。キャラ設定が濃いのが魅力的!!夜叉丸おじさん、掻き回すな〰️笑 シリーズ読破するのが楽しみになりました。 「災難と不幸は、おなじじゃない。災難をのりこえられないことは不幸だけど、災難をのりこえていくことは、人生のたのしみの一つ」、「にげだしたら、影はついてくる。災いの影につけまわされるのがいやだったら、けっしてにげださないこと。お日さまにむきっていれば、影なんて自分のうしろにかくれちゃうでしょ?」ママの言葉が心に沁みました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

富安陽子

1959年、東京都生まれ。和光大学人文学部卒業。『クヌギ林のザワザワ荘』により日本児童文学者協会新人賞と小学館文学賞、「小さなスズナ姫」シリーズにより新美南吉児童文学賞、『空へつづく神話』により産経児童出版文化賞、『盆まねき』により野間児童文芸賞と産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品