誰か Somebody 文春文庫

宮部みゆき

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167549060
ISBN 10 : 4167549069
フォーマット
出版社
発行年月
2007年12月
日本
追加情報
:
16cm,469p

内容詳細

今多コンツェルン広報室の杉村三郎は、事故死した同社の運転手・梶田信夫の娘たちの相談を受ける。亡き父について本を書きたいという彼女らの思いにほだされ、一見普通な梶田の人生をたどり始めた三郎の前に、意外な情景が広がり始める―。稀代のストーリーテラーが丁寧に紡ぎだした、心揺るがすミステリー。

【著者紹介】
宮部みゆき : 1960年生まれ、東京・深川育ち。法律事務所勤務を経て、87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。以降、「龍は眠る」で日本推理作家協会賞(92年)、「本所深川ふしぎ草紙」で吉川英治文学新人賞(同年)、「火車」で山本周五郎賞(93年)、「蒲生邸事件」で日本SF大賞(97年)、「理由」で直木賞(99年)、「模倣犯」で毎日出版文化賞特別賞(2001年)、「名もなき毒」で吉川英治文学賞(07年)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

2.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
正直期待はずれ… 特に、梶田姉妹が魅力的...

投稿日:2013/01/10 (木)

正直期待はずれ… 特に、梶田姉妹が魅力的に描かれてないので、主人公がここまで姉妹に協力するのか理解できず、感情移入ができなかった。

ameg さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
この本を購入した理由は、好きな作家である...

投稿日:2012/01/15 (日)

この本を購入した理由は、好きな作家である事、そして、値段が手ごろだった事。(単行本を中古で購入)物語は、主人公・杉村が、義父であり、自らが勤務する会社の会長から、ある依頼をされることから始まっていく。轢き逃げで命を落とした父は、事故ではなく殺されたのでは?残された姉妹にまつわる幼いころの誘拐事件、・・・。正直、あまり期待せずに読み始めましたが大変読み応えがある作品です。(笑)

寂しい40代 さん | 長崎県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 抹茶モナカ さん

    ハードボイルド小説になるのかな。特段、大きな事件が起きる訳ではないけれど、人間の業について、書いている小説。兄弟にはではないけれど、昔、婚約者を寝取られた事が、僕にもある。僕は黙認したり、辛抱したり出来ず、婚約者を殴ってしまった。でも、そんな婚約者を寝取られるような事って、ミステリー小説の中では、陳腐な出来事で、よくある事なのかな、と思った。婚約というのも危うい制度だ。

  • とも さん

    初めの内は淡々と物語が進められていき、物語を紡ぎなぞるだけの展開。だもんでこの先物語がどう展開していくのかも読めず…ヤキモキしながら中盤まで読み進めるも物語は大きく展開せず…ん?こりゃ外れだったかな?と思い始めたが、そこは流石宮部さん。いつの間にか物語の展開は緩やかに速度を上げ、知らん内に引き込まれてた。 奇異を衒う、驚く様な伏線の回収は無いけど、引かれた伏線は丁寧に回収され、満足のいく1冊でした。 おいおい、梨子。

  • kaizen@名古屋de朝活読書会 さん

    主人公は社内報の編集者。事故でなくなった運転手。二人の娘が犯人捜しのために本を出すという。途中でなくなった人の過去の犯罪の影がただよう。推理小説としてはできがよい。副題がいくつか。美空ひばりの「車屋さん」の歌が出てくる。「小さなスプーン」という物語が読み聞かせとして出てくる。道具立てが細かい。解説:杉江松恋

  • 再び読書 さん

    素人探偵のパターンよろしく、不器用に真面目に調査を進めていくうちに、事件?が解決?される。「名も無き毒」の前作と言うことで、先にこちらを読んでから読むことにしました。一人の運転手の過去を二人の姉妹からの依頼で、調査し何があったのかを探っていく。特に面白かったという強い印象は無いが、淡々と物語りは進行していくのはやはりうまいと感じます。「車屋」から物語を創作していく課程は、想像できない創作者たる作者の資質を感じます。次作に進みます。この話にも毒が既に見えてきます。

  • どんちん さん

    ハードボイルドの定義はいろいろがるが、ハードボイルドサスペンスである(解説)。確かに定義はむずかしいが、まぁそうかなといえばそんな感じだ。ともかく、読後感は、宮部手腕発揮という評価に偽りなしと納得できる。それより杉村はキョン(@涼宮ハルヒ キョンファンごめんなさ!)? 杉村とキャラはかぶらないのであるが、話のトーンや例え方が、”なぜなら””なんとなく”似ているw 話の展開が読めず、ただただ語り手キョン(杉村)の家族には何事もおきない事を祈っていたw それにしてもお金持ちってすごいですね。。。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮部みゆき

1960年、東京生まれ。87年、「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞、92年、『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、93年、『火車』で山本周五郎賞、97年、『蒲生邸事件』で日本SF大賞、99年、『理由』で直木賞、2001年、『模倣犯』で毎日出版文化賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品