桜ほうさら 下 PHP文芸文庫

宮部みゆき

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569764825
ISBN 10 : 4569764827
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
追加情報
:
429p;15

内容詳細

江戸で父の死の真相を探り続ける古橋笙之介は、三河屋での奇妙な拐かし事件に巻き込まれる。「桜の精」のような少女・和香の協力もあり、事件を解決するのだが…。ついに父を陥れた偽文書作りの犯人にたどり着いた笙之介。絡み合った糸をほぐして明らかになったのは、上総国搗根藩に渦巻く巨大な陰謀だった。「真実」を突き付けられた笙之介が選んだ道とは…。切なくも温かい、宮部みゆき時代ミステリーの新境地!

【著者紹介】
宮部みゆき : 1960年、東京生まれ。87年、「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞、92年、『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、93年、『火車』で山本周五郎賞、97年、『蒲生邸事件』で日本SF大賞、99年、『理由』で直木賞、2001年、『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、02年に同書で司馬遼太郎賞、07年、『名もなき毒』で吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yoshida さん

    賛否両論あるラストだと思うが、個人的には良いと思う。宮部みゆきさんの真骨頂だろう。人間の感情の動き、底知れぬ悪意、血縁の相克が実に丹念に描かれる。そして、非常に切ないラストを予想した後に、希望に満ちたラストとなる。人生は自分の力だけでは生きられないし、生れた境遇に違いもある。生きていれば困難もあるし投げ出したくなる夜もある。それでも自分なりの生き方で生きる。愚直に。未来を向いて。主人公の笙之介は心映えの綺麗なやや平凡な人間だと思う。だからこそ笙之介の生き方は読者の共感と感動を生む。実に見事な作品だと思う。

  • ううち さん

    下巻。古橋家の事件の真相が明らかに。現代ではなかなか困難な身の振り方は江戸時代ならではか。武部先生、太一が良いキャラでした。 宮部氏の別作品で『ささらほうさら』が合言葉として使われていたのを思い出しました。そちらも再読してみたくなりました。

  • 三代目けんこと さん

    まだ少し早いのですが、2019年の文庫本bPを「桜ほうさら」に決めました。 今年も多くの災難がありましたが、いずれ「<ささらほうさら>だったね」と微笑みながら言える日が来ますように…<(_ _)>

  • サンダーバード@読メ野鳥の会怪鳥 さん

    収賄の汚名を着せられ切腹した父の無念を晴らしたい。前半ではなかなか進まなかった物語が動きだす。父の死の真相を探る謎解き。主家を巡る陰謀。家族の愛と確執。宮部さんの時代物を読むのは初めてでしたが、ミステリーにほのかな恋物語を絡めてなかなか面白かったです。ミステリーに時代物にSFにファンタジーまで、ほんとに守備範囲の広い作家さんだなぁと思います。★★★+

  • katsubek さん

    ああ、読み終えてしまった。宮部ワールドから、出てきてしまった。最後の最後に急転直下があって、そこで電車が駅に着いて、あー、読めないではないかと。で、家に着いてから、最後まで味わえた。巻き込まれ、翻弄されながらも、やっと出口を見つけることができた主人公、さて、この先、どう生きるのか。苦しみ・悲しみを知る故に、それを人に伝えたいという思いが強くなるのであろう。伝えるという使命の大きさを垣間見たような気がする。きっと、宮部氏の思いもそこにあるのだろう。ああ、いい本だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮部みゆき

1960(昭和35)年、東京生れ。’87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。’89(平成元)年『魔術はささやく』で日本推理サスペンス大賞を受賞。’92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞を受賞。’93年『火車』で山本周五郎賞を受賞。’97

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品