三鬼 三島屋変調百物語四之続 角川文庫

宮部みゆき

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041077610
ISBN 10 : 4041077613
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
追加情報
:
671p;15

内容詳細

三島屋の黒白の間で行われている変わり百物語。語り手の年齢や身分は様々で、彼らは正しいことも過ちもすべてを語り捨てていく。十三歳の少女は亡者の集う家の哀しき顛末を、絶品の弁当屋の店主は夏場に休業する理由を、そして山陰の小藩の元江戸家老は寒村に潜む鬼の秘密を語る。聞き役に従兄の富次郎も加わり、怪異を聞き積んでいく中でおちかにも新たな出逢いと別れがあり―恐ろしいけど面白い三島屋シリーズ第四弾!

【著者紹介】
宮部みゆき : 1960年東京生まれ。東京都立墨田川高校卒業。法律事務所等に勤務の後、87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞長編部門、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、93年『火車』で山本周五郎賞、97年『蒲生邸事件』で日本SF大賞、99年『理由』で直木賞、2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞を受賞。02年司馬遼太郎賞と芸術選奨文部科学大臣賞文学部門、07年『名もなき毒』で吉川英治文学賞、08年英訳版『BRAVE STORY』でBatchelder Awardを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    このシリーズ4冊目です。4つの話が入っていてそれぞれ楽しめました。あまり関係はないのですが、前の3冊の話をすっかり忘れていてこの主人公の女性がどのような感じになってきているのかを知りたい気もしました。4つの話は大きな行灯のようなものが霊界とのつながりを持つ、お弁当屋の話し、本の題名となっているもの、老婆のむかしの話をきくのですが・・・・。三鬼が一番印象に残りなぜか読んでいるうちに、「7人の侍」や「姥捨て」というむかしの白黒映画を思い出しました。

  • ふう さん

    宮部氏の時代物を読むと、恐ろしいものはわたしたちのすぐそばにあって、生きた人間の心の闇が作り出すのだとつくづく思います。そして、その闇から人を救い出すのも同じ人間の愛情と知恵だと。今回はつらい経験をしたおちかを見守り、おちかの幸せを願ってくれる周りの人々のやさしさに、読んでいるわたしまで温かい気持ちになりました。そんな人が一人でもいてくれれば、誰も亡者や鬼にならなくてすむのに。それにしても宮部作品の念の強さ。読みながらうとうとしている間に、自分の家族が恐ろしいできごとに巻き込まれる夢をみてしまいました。

  • 佐島楓@勉強中 さん

    おちかに感情移入するところから始まったシリーズなので、まるで彼女の保護者のような気分になって読んでいる。やり取りに余裕が見えたり、にじむ優しさにほろっとしたり。「おくらさま」では、おちかの回復ぶりに安心しながらも、新たな幸せを願わずにはいられなかった。

  • katsubek さん

    三島屋百物語シリーズの四巻目。あやかしの物語である。そう、そうであるはずだ。が、そこで語られるのは、むしろ生きる者、生きなければならぬ者たちの、悲しみである。その悲しみは、深く、長く、それなのに、時に温かくて優しい。暫くの間、専ら聞き手となっていた主人公が、動いた。が、それが自らにそそぐ運命と並んでいたのは決して偶然ではあるまい。去り行く人物とやって来る人物。さて、物語はどこへ向かうか?

  • さつき さん

    三島屋シリーズ第4弾。切ない話し、思わず笑顔になる話し、どうしょうもなく遣る瀬無い話し…バラエティ豊かな怪談三昧で楽しく読みました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

宮部みゆきに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品