日本人が知らない満洲国の真実 封印された歴史と日本の貢献 扶桑社新書

宮脇淳子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594078409
ISBN 10 : 4594078400
フォーマット
出版社
発行年月
2017年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
366p;18

内容詳細

近代中国をつくったのは日本である!日清洗争勃発から、最後の引き揚げ船、舞鶴入港まで…日本と大陸の歴史を再検証。気鋭の歴史学者が世界史の視点で満洲国を読み解く。

目次 : はじめに 私たちは、なぜ歴史を学ぶのか(マルクス主義の進歩史観は空想/ 人間はお金だけでは行動しない ほか)/ 序章 満洲とは何か(満洲関連の本/ 満洲とは? ほか)/ 第1章 日清戦争から中華民国建国まで(満洲の激動の歴史は日清戦争から始まる/ 西太后が有名な理由 ほか)/ 第2章 中華民国建国後、満洲国建国まで(中華民国建国後の中国の実情/ 袁世凱という人物の実像 ほか)/ 第3章 満洲国建国、崩壊、そしてその後(満洲国建国宣言/ 熱河作戦をやらなければならなかった理由 ほか)

【著者紹介】
宮脇淳子 : 1952年、和歌山県生まれ。京都大学文学部卒、大阪大学大学院博士課程修了。博士(学術)。専攻は東洋史。東京外国語大学・常磐大学・国士舘大学・東京大学などの非常勤講師を歴任。ケーブルテレビやインターネット動画で、モンゴル史、中国史、韓国史、日本近現代史等の講義をしている

岡田英弘 : 1931年‐2017年、東京生まれ。東京外語大学名誉教授。歴史学者。専攻は中国史、モンゴル史、満洲史、日本古代史と幅広く、独自の「世界史」を打ち立てる。1953年、東京大学文学部東洋史学科卒業。1957年『満文老〓』の共同研究により、史上最年少の26歳で日本学士院賞を受賞。アメリカ、西ドイツに留学後、ワシントン大学客員教授、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • fseigojp さん

    ヘイト・スピーチ本かと思ったら意外と硬派だった 師匠は岡田英弘

  • ミナ さん

    日本の当たり前は世界の当たり前ではない。むしろ、世界から見たら日本の方が稀であることを認識しないといけない。きっと日本がこうだからでは大陸で起きていることは理解できない。ビゴーのことを書いた本を読んでいると旅順虐殺なんて言葉が何回か出てきたけど、当時国際問題になったとき、陸奥外相がきちんと事実に基づいた弁明をして鎮静化している。こうした人が政治家や省庁に今もいてくれたらなぁ。

  • 日の光と暁の藍 さん

    善悪といった価値判断から離れ、因果関係を公平中立な立場から述べることが歴史だと述べる宮脇氏による本書。満洲とは何かを序章で述べ、1章から3章までで日清戦争から戦後のスターリンと毛沢東の権力闘争までを取り上げる。満鉄がミニ政府と呼べるほどの公共的な事業を行っていたこと。ロシア革命によって満洲を巡り日中が対立していくこと。二十世紀自体が広い意味での共産主義との戦いの世紀であったこと。などなど目から鱗な記述が多かった。宮脇氏の視点で解説される歴史上の出来事は、コンパクトだが非常に新鮮な見方が多かった。

  • Y田 さん

    満洲に視点を置いてシナ史、日本史について満洲族の王朝である清の時代、満洲国、毛沢東の時代辺りを解説する。●筆者の見方は、日本は自国の安全の為に朝鮮半島の紛争問題に手を出したが、満洲にも朝鮮人がいてズルズルと満洲まで出て行ってしまった、「植民地経営」をボランティアの様なやり方をしたが、大陸の考え方は日本とは違っておりその意味で無知だった。戦争に負い目を持つのでは無く、冷静に歴史を学んだ上で「責任」を持つべき、、という事と受け取った。興味深かった。

  • yinnn さん

    当時の国際条約として満洲における日本の権限は当然だと思うし、日本人は日本側からの歴史観をしっかり見直すべきという意見も賛同できた。ただ批判的な決めつけも多く、言い回しにもトゲを感じ、個人的に読み心地が良くなかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮脇淳子

1952年、和歌山県生まれ。京都大学文学部卒、大阪大学大学院博士課程修了。博士(学術)。専攻は東洋史。東京外国語大学・常磐大学・国士舘大学・東京大学などの非常勤講師を歴任。最近は、ケーブルテレビやインターネット動画で、モンゴル史、中国史、韓国史、日本近現代史等の講義をしている。著書多数(本データはこ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品