終着駅 河出文庫

宮脇俊三

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309419442
ISBN 10 : 4309419445
フォーマット
出版社
発行年月
2023年01月
日本
追加情報
:
240p;15

内容詳細

幻の連載「終着駅」を含む、著者最後の随筆集。あらゆる旅路を最果てまで乗り尽くした著者の鉄道愛はどこまでも続く。新装版。

【著者紹介】
宮脇俊三 : 1926年、埼玉県生まれ。東京大学西洋史学科卒業後、中央公論社に入社。出版部長、『中央公論』編集長等を経て、1978年に退社。同年に国鉄全線乗車記『時刻表2万キロ』を刊行し、日本ノンフィクション賞を受賞。その他の著作に『最長片道切符の旅』『時刻表昭和史』等多数。2003年2月26日病没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yama1000 さん

    最初の作品「時刻表2万キロ」を手にしたとき、凄い人がいるもんだなという驚きとともに、憧れを感じたものである。本作にも著者の鉄道愛がほとばしっている。

  • Takahide✈Yokohama さん

    ここのところ連続で出ている(消費税の表示方法変更によるもの?)新装版。1,2章の紀行文がやっぱり好きかな。最後の解説(5章ではなくこの本の解説の方)は要らない。

  • m さん

    久しぶりに読んだ、宮脇作品。色々な紀行文あるが氏の作風は実際にその場に居るような気にさせる。話題は逸れるが、自分の棺桶に入れてもらいたい本は「時刻表2万キロ」「最長片道切符の旅」。あの世に行って、推理ものやハードボイルドは少々キツイ。宮脇作品がピッタリ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮脇俊三

1926年埼玉県生まれ。45年、東京帝国大学理学部地質学科に入学。51年、東京大学文学部西洋史学科卒業、中央公論社入社。『中央公論』『婦人公論』編集長などを歴任。78年、中央公論社を退職、『時刻表2万キロ』で作家デビュー。85年、『殺意の風景』で第十三回泉鏡花文学賞受賞。99年、第四十七回菊池寛賞受

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品