虔十公園林 日本の童話名作選

宮沢賢治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784039633002
ISBN 10 : 4039633008
フォーマット
出版社
発行年月
1987年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
伊藤亘 ,  
追加情報
:
29cm,35p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • chimako さん

    研修のための予習だったが、少し泣けてあぁ良かったと思えた作品。人よりもボンヤリしたところのあるけんじゅう。頼まれればなんだって一生懸命やるのに、なかなか仕事場を頼まれない。そんなけんじゅうが杉の苗を欲しいと言う。兄さんと二人で植えた杉は時を超えてこどもたちに愛される。意地悪な大人は必ずいるがわかってくれる人もいる。よくわかるお話でした。

  • へいっち(ت)♪ さん

    子供達にバカにされていた虔十が杉の苗を育てる。それを見守る家族。意地悪をする人がいても杉林を守る虔十。亡くなってからは家族に守られやがて子供達の憩いの場となる。

  • り こ む ん さん

    ちょっと足らない虔十が、まわりにバカにされながらも、笑顔を絶やさずに植えた杉。彼が、病に倒れた後も、杉林はそこにあり続け、いつしか、町の憩いの場となる。身が滅びても、みんなの笑顔、幸せを願う宮沢賢治の姿が映し出された作品。

  • さきん さん

    主人公は何らかの知的障害を抱えていたのだろう。しかし、木への愛情が深く、子供が植林地に進入して遊ぶのも木が喜ぶと思って規制をかけなかった。現在、子供の空間がどれだけ残っているのか心配になる。

  • ポップ さん

    『銀河鉄道の父』を読むまで、意地悪な平二のモデルが実父の政次郎氏ではないかと、誤解をしていました。虔十が杉苗700本をねだった時、お父さんが「買ってやれ」と言うと、お母さんも安心して笑うのです。本作は、賢治さんから家族に宛てた物語とも受け取れますが、解釈の1つに過ぎません。伊藤亘さんの懐かしさと温かみのある絵本が29刷(2016年3月版)まで発行されていることから、いつまでも読み継がれることを願います。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮沢賢治

1896〜1933。岩手県花巻市出身の詩人、童話作家。幼少より鉱物採集や山歩きを好み、盛岡高等農林学校(現在の岩手大学農学部)卒業後は、教員として岩手県立花巻農学校で地学や農学を教えた。その後も近在の農家に肥料相談や稲作指導を行ったり、東北砕石工場で技師として働いたりしていたが、37歳の若さで病没。

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品