双子の星 日本の童話名作選

宮沢賢治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784039633507
ISBN 10 : 4039633504
フォーマット
出版社
発行年月
1987年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
29cm,46p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さきん さん

    星座の生き物を動かし、昼間は自由にしているという発想が素晴らしい。双子の精を通して物語の世界観が伝わる。子供にとって違う世界において同じ物があるという哲学的なことや星座の大まかな位置を学ぶことができる。

  • てらこ さん

    双子のお星さまチュンセ童子とポウセ童子の冒険の話。宮沢賢治らしい、星をテーマにした幻想的な世界が素敵です。チュンセとポウセが純粋で一生懸命でとにかくかわいい。蠍座生まれとしては、そんなかわいい2人に迷惑かけてすみませんという気分になりました。読むと星が見たくなります。

  • 和草(にこぐさ) さん

    双子の星達が星座と関わるお話。双子の星達が一生懸命で可愛い。

  • pocco@灯れ松明の火 さん

    星&宮沢賢治:双子の星と くじら・さそり・白鳥などの星座の御話。

  • ネジとサビ さん

    今回のお話しはまあまあだったかな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮沢賢治

1896〜1933。岩手県花巻市出身の詩人、童話作家。幼少より鉱物採集や山歩きを好み、盛岡高等農林学校(現在の岩手大学農学部)卒業後は、教員として岩手県立花巻農学校で地学や農学を教えた。その後も近在の農家に肥料相談や稲作指導を行ったり、東北砕石工場で技師として働いたりしていたが、37歳の若さで病没。

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品