セロ弾きのゴーシュ 宮沢賢治童話集 偕成社文庫

宮沢賢治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784035501909
ISBN 10 : 4035501905
フォーマット
出版社
発行年月
1981年02月
日本
追加情報
:
19cm,210p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たつや さん

    私が読んだのは、岩波少年文庫の方ですがなかったので、こちらで登録。「セロ弾きのゴーシュ」は未読でしたが、こんなに素敵なお話だったんですね。同時収録の10編は「風の又三郎」や「注文の多い料理店」など、有名作も多いので既読のものも大半でしたが未読も多く、お得な感じのする一冊でした。宮沢賢治の作品も未読多そうなので、完全に把握するまで読んでみたいような気がします。

  • しぃ さん

    知っている作品かと思いきや、未読だった。 セロ弾きと動物の話なので、温かなイメージを持っていた。  実際は今も昔も変わらぬイジメの構造がベースにあって、超現実的な物語に驚いた。 人から辛くあたらて、弱いもの相手に辛くあたるゴーシュ。だが時折みせる優しさ。それが本来のゴーシュの姿なのだろう。それゆえゴーシュの音は病気を癒す。おそらく動物たちはそれがわかっているから、ゴーシュの音楽のために助言する。 辛い時 人からの助言を聞き入れるのは難しい。だがその苦言は、変化に向けての言葉なのだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮沢賢治

1896‐1933年。岩手県花巻に生まれる。詩人、童話作家、法華経信者、化学者など多面的な活動をする。死後評価や人気が高まり、その時代に応じ、さまざまに多義的な解釈がなされる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品