どんぐりと山猫 日本の童話名作選

宮沢賢治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784039634108
ISBN 10 : 4039634101
フォーマット
出版社
発行年月
1989年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
29cm,35p

内容詳細

賢治の生前に刊行された唯一の童話集『注文の多い料理店』の巻頭をかざる、この作品には、差別を超越し、平等を求める賢治の思想の一環が、ストレートに提示されています。山猫から裁判の手助けをたのまれた一郎が、山の奥の草地で、どんぐりたちのもめごとを解決する―幻想的な作品世界を、猫をえがきつづけてきた高野玲子が、銅版画の技法を組み合わせて、イメージ豊かに絵本化。大人の絵本。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 麻衣 さん

    何回よんでも山猫拝のお手紙がたのしくてだいすき。みぃくんに3回よんであげた。絵も猫がふっくりしていてよい感じ。うるさいどんぐりたちのめんどな裁判に一郎くんが手をかす話なわけだけれど、一郎くんの見事な裁きにおおお!っとなるのです。すごいなぁ。わたしなら、めんどくせぇぇなぁぁあぁあ(心の声)っておもったりしてしまうもので。

  • さきん さん

    手紙を書いた猫がとても可愛らしかった。どんぐりの争いは、今に至る様々な紛争をつまらない理由でおこなう人間を私に連想させたのと同時に当の本人にとっては真剣なことだと思った。子供の時は、単に楽しく世界観を親しむに過ぎなかったが今読むと、現実と無意識に比較するようになっている自分に気がつく。

  • かず さん

    ★★★Audible。

  • みく さん

    わいわい、ガヤガヤしている空気に心がほっこり。そして、宮沢賢治さんの書く猫さんは、いつもクセモノなのにどうしてこんなに愛らしく感じるのか。癒される…

  • kasmin さん

    子どもが幼い頃から楽しんだ愛着絵本です。どこを開いても山や空や谷川の自然に満ちており心が潤います。賢治特有のオノマトペも馬車別当の「ひゅう、ぱちっ。」も、山猫の葉書も。もう可愛らしくて可笑しくて。"めんどなさいばん"の申し渡しでは「いちばんばかでめちゃくちゃで まるでなってないような」のがいちばんえらいみたいなので 私もえらいんだね、と微笑みました。賢治の想いがストレートに描かれています。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮沢賢治

1896〜1933。岩手県花巻市出身の詩人、童話作家。幼少より鉱物採集や山歩きを好み、盛岡高等農林学校(現在の岩手大学農学部)卒業後は、教員として岩手県立花巻農学校で地学や農学を教えた。その後も近在の農家に肥料相談や稲作指導を行ったり、東北砕石工場で技師として働いたりしていたが、37歳の若さで病没。

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品