東京大学「80年代地下文化論」講義 決定版

宮沢章夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309023823
ISBN 10 : 4309023827
フォーマット
出版社
発行年月
2015年11月
日本
追加情報
:
309p;21

内容詳細

地下から生成し、地上へと派生していった80年代の「裏文化史」。伝説の講義録に増補、「現在」を読み解く上で必携の決定版。

【著者紹介】
宮沢章夫 : 1956年、静岡県生まれ。劇作家・演出家・小説家。1980年代半ば、竹中直人、いとうせいこうらとともに、「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」を開始。その作・演出をすべて手がける。1990年、「遊園地再生事業団」の活動をはじめる。『ヒネミ』(1992年)で岸田國士戯曲賞受賞。2000年より京都造形芸術大学で、2005年から2012年まで早稲田大学で教鞭をとる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • harass さん

    80年代論。2005年の大学講義をまとめた旧版に2015年の補講追加した決定版。大塚英志のオタク論を意識し、それとは異なる80年代文化を著者の体験も交え論ずる。日本初のクラブ「ピテカントロプス・エレクトス」やセゾン文化など。同時代を生きていたが、本雑誌テレビでしか知ることがない、田舎の学生だった自分にはノスタルジーそのものだ。軽いが批評的な視点があり、ときおり感心。長年の疑問だった、ネットなどでみるオタクのサブカル嫌悪の理由に合点が行ったのスッキリした。文庫化を求む。旧版でもいいから手元に起きたい。

  • nizimasu さん

    宮沢さんの「80年代地下文化論」は出版当時の06年版も読んだが久々に読んで大分色々なものが消化できた。というのもその間にかつての沈黙がウソのように本やNHKのサブカルチャー講座は「話芸としてのサブカルチャー」や宮沢さんのとめどもない会話に再びで出会えたことが大きい。そしてシンガリの決定版では80年代の「オタク」「ピテカン」を総称して非身体性というキーワードの落とし込むことが出てきていてなんとも刺激的な内容であった。「80年代はスカ」というのは90年代の言説で今や80年代はやっぱりサブカル時代だったのだな

  • Paddle With Me さん

    YMOが最高にかっこよかった頃の、西武がオシャレだった頃の、WAVEが六本木にあった頃の80年代サブカルがどうだったのか、80年代を知らない若い世代に向けて行った10年前の東大の講義録の再編集版。あの頃は尖ってたオシャレがわかりやすくて、今みたいに何でもOKではなくて、最先端のかっこいい人たちは決して力が抜けてなくて、今思い出すと笑える(私はその頃は子供だったけど)ので、そのころは今は普通にいるオタクが本来のもっと内向きのおたくだった話とか本当に面白くて、そして懐かしい。

  • ますりん さん

    2008年の本の再出版。原宿ピテカンを軸に80年代を、「非身体性」や「文化的ヒエラルキー」、「文化と資本」などをキーワードに、【1986年】という節目の年までを紐解いていくという体。NHK出版の「ニッポン戦後サブカルチャー史」で繰り返されている史観だったので、読まれた方には特段目新しくはない80年代分析なのだけれど、90年代にクラブカルチャーはドラッグ文化と相まって過剰な身体性を取り戻し、一方おたくは保守化がどんどん尖鋭的になり、ヘイトスピーチまで地続きの体を示してくる、というのはすとんと腑に落ちた。

  • ルミー さん

    宝島=オタクではないどちらかというとピテカン寄りのメディアがどうして80年代をおたくと同じように「スカ」と言ったのか。そもそもピテカンが上でおたくが下なのか そのナチュラルな上から目線が気にくわない。基本的に宮沢氏の思い込みというか、「ピテカンが史上最強」という前提で進んでいくので納得できなかった。もともと私はplasticsになんのかっこよさを感じていなかった。また、補講の最後にフリッパーズギターを流したことに興ざめ。 80年代がフリッパーズギターにつながってしまうなら私は「スカ」だと言わざるを得ない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮沢章夫

1956年静岡県生まれ。劇作家・演出家・作家・早稲田大学文学学術院教授。90年、演劇ユニット「遊園地再生事業団」を結成し、1993年戯曲『ヒネミ』(白水社)で岸田國士戯曲賞を受賞、2010年『時間のかかる読書』(河出文庫)で伊藤整文学賞(評論部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載され

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品