海に生きる人びと 河出文庫

宮本常一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309413839
ISBN 10 : 4309413838
フォーマット
出版社
発行年月
2015年07月
日本
追加情報
:
244p;15

内容詳細

宮本常一の傑作『山に生きる人びと』と対をなす、日本人の祖先・海人たちの移動と定着の歴史と民俗。海の民の漁撈、航海、村作り、信仰の記録。
[著者紹介]
1907年山口県周防大島生まれ。日本各地でフィールドワークを重ね、特に移動する人びとに注目し多くの民俗誌を残す。おもな著書に、『忘れられた日本人』『海に生きる人びと』『家郷の訓』など。1981年没。



【著者紹介】
宮本常一 : 1907年、山口県周防大島生まれ。民俗学者。天王寺師範学校卒。武蔵野美術大学教授。文学博士。徹底したフィールドワークと分析による、生活の実態に密着した研究ぶりは「宮本民俗学」と称される領域を開拓した。1981年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kinkin さん

    じっくりと読むことができた。著者が多くの人達に海への関心、海に生きた人びとへの愛情と理解をもってもらうようにその歴史のごくあらましを描いた本。日本は大小たくさんの島で構成されている。各地域の海人のこと、彼らの生活・漁の特徴他多くの文献や現地での調査を基に紹介されていた。農業の一方で漁業国でもある日本について知ることができた。気になったこと・・・本種では古代から海の貝類(サザエやアワビ)を採ってきたとあるが古代の人は水中めがねのない時代どのようにして見つけ採ってきたのか気になった。他の書も読んでみたい。

  • AICHAN さん

    図書館本。同著者の『山に生きる人びと』を読んだので、ついでにこれも借りて読んでみた。私のイメージでは「山に生きる人」は縄文人の末裔であり、「海に生きる人」は弥生人の末裔に近い。魏志倭人伝の「沈没して魚鮑を獲る」という習性が弥生時代の倭人の姿と重なるからだ。しかし、この本を読んでそのようには分けられないことがわかった。狭い日本列島においては狩猟場所に限りがあり、漁労のほうが生業としては適しているという。縄文時代後期に狩猟に限界が来て漁労に従事する人が増えたという説には納得がいった。

  • gogo さん

    海の民の社会史。この本を読んで、日本では中央政権の力が弱まると漁民の移動性が高まり、逆に中央集権が進むと漁民に定住の圧力がかかる歴史の傾向があることを知る。しかし、漁民は自由に移動することを好み、すでに秀吉の治世に泉佐野の漁民が対馬へ漁へ出かけたりしている。あと、漁民や水夫の間では長幼の序よりも、実力主義が尊ばれる説明のくだりが新鮮だった。若い頃に財を成したのに、年老いて零落した古老の実例が挙げられている。陸史中心観に慣れている我々に、異なる視点から歴史を見ることの大切さを教えてくれる一冊だと思う。

  • Akihiro Nishio さん

    山に生きる人びとに続いて読了。本書も素晴らしい。素潜りで魚介を採る人びとから網を使った漁業の成り立ち、やがて商売や運輸を始める者へと分岐していく。また海賊になったり、捕鯨が流行れば鯨組が組織され浦々から人が集まったりと海の民は変幻自在である。しかし、一番印象に残ったのは釣り糸のテグスが蚕の腺液を酢酸で引き延ばしてかためて作られるということ。しかも江戸時代初期に開発されたという。そこから一本釣りが生まれて、活きたまま魚を輸送できるようになり鮮魚が食べれるようになったという下りも好き。

  • Sanchai さん

    お目当ての島は登場しなかったけど、本書の記述からの類推で、その島も元々は漁業で食べていて海人の往来が相当頻繁に行われていたのだろうなと想像はできた。宮本常一の本は歴史の勉強にもなる。学校の授業で習った通り一遍の日本史に、民衆の視点が加わり、授業で習うことが民衆の生活にどのように影響を与えたか(あるいは受けたか)に思いを至らせることができる。松浦党がなぜ特定の氏ではなく党なのかとか、南北朝の頃によく見かけた少弐氏はどこに行ってしまったのかとか、本書を読まなければ気付かなかったことは多い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮本常一

1907年、山口県周防大島生まれ。民俗学者。天王寺師範学校卒。武蔵野美術大学教授。文学博士。徹底したフィールドワークと分析で、生活の実態に密着した研究ぶりは「宮本民俗学」と称される領域を開拓した。1981年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品