風の谷のナウシカ 5 アニメージュ・コミックス・ワイド版

宮崎駿

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784197710614
ISBN 10 : 4197710615
フォーマット
出版社
発行年月
1991年05月
日本
追加情報
:
26cm,157p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    クシャナとナウシカはなかなか交差しない。おおきな愛は全てを受け入れる。ナルシカの持って生まれた特性ともいうもので、オームと通じ合えるのは素晴らしい。問題なのは、わたしは虫が苦手、胞子、キノコも苦手。だから、ついつい絵を見ずに読み進もうとするから、話についていけなくなってきた。

  • ゆみきーにゃ さん

    《職場》え?ナウシカどうなっちゃうの?ってとこで次巻へ。森になろうとするナウシカ。クシャナは妻になることを選ぶのかな?

  • Die-Go さん

    ナウシカの旅は続く。旅の中で彼女は確実に成長していく。優しさと厳しさの相反するもの内に秘めつつ。悲しみも喜びも全てを総括する大きな器としてのナウシカの姿。★★★★★

  • カザリ さん

    全然関係ないのですが、皇弟の悪夢で手足が引きちぎられるシーンがありますが、あれ、子供の頃に父が借りてきたビデオ「つのじろうのの呪い」という話を思い出します。あれ、めっちゃ怖くて最近ヨウツベで見直して、やっぱりこえ〜と思っていましたが、今日ナウシカを読んで思い出してしまいました。絵がなんとはなしに似ているし。。なんだろう、ナウシカ、壮大な展開になってくればくるほど感想が出てこない。。自分がジブリファンにならなかったわけがなんとなくわかってきたような。とはいえ、はやさんのエッセイは大好きなのだが。。押井さんよ

  • おたま さん

    物語としては、第4巻のそのままの展開・発展というところ。粘菌や蟲たちによる大海嘯(だいかいしょう)という現象が、現生人類を絶滅させる可能性を秘めた「浄化」を行おうとしていること。それを皇兄らの土鬼たちが自分たちの武器として使おうとしていること。そこに巨神兵やヒドラをも復活させて利用しようとしていること等が加わってくる。どこか人類の滅亡に向かってひた走っているようだ。ナウシカのみは蟲や粘菌にすら心を通わせ、何等か巨大な変革を起こすかもしれない。クシャナの人間としての矜持に心打たれる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮崎駿

1941年生まれ。学習院大学政治経済学部卒業後の1963年、東映動画入社。その後数社を経て、『ルパン三世 カリオストロの城』(’79)で劇場作品を初監督。84年『風の谷のナウシカ』が国民的大ヒット作となる。85年の設立に参加したスタジオジブリで監督として様々な作品を発表。2013年『風立ちぬ』の公開

プロフィール詳細へ

宮崎駿に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品