風の谷のナウシカ 宮崎駿水彩画集 GHIBLI THE ART SERIES

宮崎駿

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784198100018
ISBN 10 : 4198100012
フォーマット
出版社
発行年月
1996年09月
日本
シリーズ
:
追加情報
:
31cm,207p

内容詳細

『月刊アニメージュ』のマンガ連載からアニーション映画へと広がった「風の谷のナウシカ」の生みの親・宮崎駿氏が描き綴った「ナウシカ」水彩イラスト集。原作コミックス用から映画用イメージボード等を収録。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ひびつき さん

    ナウシカのカラー絵をこのサイズで見られるのはほんと嬉しい。記憶にないとかこんなポーズはしないとか作品にこだわりを持つ宮崎さんのコメントが付いた40作品。後半はスケッチやイメージラフ多数。映画として動くために作られた作品なんだなあと改めて。物書きはギリシャ系の名は使い尽くしてバビロニア系とかシュメール系とかケルト系とかさまよう名付けあるあるにクスリ。映画作成のために休載を何回も挟み完結に12年!原作がまた読みたくなります。

  • りー さん

    今更なんですが。年末、甥っ子達へクリスマスプレゼントとして購入した全巻セットにこれもつけたら「こっちはもう持ってた!」と、送り返されてきたので。普通は本編読んでから画集でしょう、とブツブツ言いつつ、やはり良いのです(笑)。宮崎さん、嫌々描いてる絵が良いってどういうことですか。…実家には全巻揃っているので帰ったときに読み直したい。ナウシカ、AKIRA、甲殻は80〜90年代のバイブルだぜ!と思っているので、もうちょっと甥っ子たちが成長したらそっちも布教します。

  • こうすけ さん

    漫画のイラスト用の絵よりも、映画のためのイメージスケッチが良い。『戦国魔城』など、映画にならなかったアイデアの水彩画が見ていて面白い。ナウシカ、もともとのイメージはちょっとラテン系な感じ。

  • くまこ さん

    僕はイラストレーターではないので、ストーリーと関係ない絵はあまり描きたくない、本当のナウシカはこんなポーズしない、といった宮崎駿さんのコメントが面白かった。孤独に闘い続ける美少女が宮崎さんの理想的ナウシカで、アイドルみたいにニコッとしてるのは違うということらしい。可愛いだけじゃダメみたい。そこまで拘らなくても、全ページのナウシカに萌え、水彩画の優しい色合いにうっとりし至福の時を過ごせた。ファンなら迷わず買い。プレゼントにもいいかな。

  • 兵士O さん

    この画集は20年以上前に購入し、未だに大切にしている本です。僕が一番苦しい時にある時に、この本の81頁にある、静かに雲海を見ながら岩に座るナウシカ像をずっとずーっと1時間も2時間も眺めていたことを思い出します。この宮崎駿先生のナウシカ像が、僕の趣味のイラストのヒロイン像の目標であり理想でもあります。47頁の、幼子も含めて何もかも背負っているナウシカ像のような写真が、別な世界の民族衣装を紹介している本にあったので、一生懸命描きました。ネパールの少女で、仏教の戒律のためか、因習に縛られているような写真でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮崎駿

1941年生まれ。学習院大学政治経済学部卒業後の1963年、東映動画入社。その後数社を経て、『ルパン三世 カリオストロの城』(’79)で劇場作品を初監督。84年『風の谷のナウシカ』が国民的大ヒット作となる。85年の設立に参加したスタジオジブリで監督として様々な作品を発表。2013年『風立ちぬ』の公開

プロフィール詳細へ

宮崎駿に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品