千と千尋の神隠し 徳間アニメ絵本

宮崎駿

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784198614065
ISBN 10 : 4198614067
フォーマット
出版社
発行年月
2001年09月
日本
シリーズ
:
追加情報
:
27cm,165p

内容詳細

10歳の少女千尋が迷いこんだのは人間が入ってはいけない世界。そこで生き延びる条件は、名前を奪われ魔女のもとで働く事だった。懸命に働き始めた千尋の中で、眠っていた「生きる力」が次第に呼び醒まされてゆく。はたして千尋は元の世界へ戻れるのか。第75回米国アカデミー賞受賞作品の絵本化!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    中々最初は強烈なものがあったが、千尋が一生懸命働いていて感動した。なにか働くとは何かという事が、詰まっている作品に感じた。

  • 純子 さん

    『遠野物語へようこそ』で『千と千尋の神隠し』のことが触れられていました。ジブリ作品のなかではたぶんいちばん好きなのに、子どもたちと一緒に繰り返し見ていたのは遠い昔。ストーリーもおぼろげ。無性に読みたくなった!絵本だと絵が止まって待っててくれるから、ちょこちょこ発見があったりして楽しい!ハクの男気ある優しさが改めて心に染み込んでくる。恋愛小説並みのときめき(笑)八百万の神様たちのほっこりした姿にも癒される。千尋の勢いある成長ぶりに心おどります。

  • ヒデミン@もも さん

    娘が大好きだった映画。なので本も買い、娘は何度も読んだのでボロボロ。この映画の想い出は塩むすび。 ある本を読んでいたら、千尋の成長の話がたとえで出てきた。気になって読んでみた。豚になったお父さんとお母さんが呑気すぎて笑える。カオナシが愛しい。映画も観よう。

  • りーぶる さん

    DVDからの絵本。ジブリ作品は「紅の豚」が一番好きだけど、面白いのはこちらかもしれない・・・。(3歳0か月)

  • ほたる さん

    映画が好きで本も読んだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮崎駿

1941年生まれ。学習院大学政治経済学部卒業後の1963年、東映動画入社。その後数社を経て、『ルパン三世 カリオストロの城』(’79)で劇場作品を初監督。84年『風の谷のナウシカ』が国民的大ヒット作となる。85年の設立に参加したスタジオジブリで監督として様々な作品を発表。2013年『風立ちぬ』の公開

プロフィール詳細へ

宮崎駿に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品