音楽が聴けなくなる日 集英社新書

宮台真司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087211238
ISBN 10 : 4087211231
フォーマット
出版社
発行年月
2020年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
224p;18

内容詳細

電気グルーヴのピエール瀧が麻薬取締法違反容疑で逮捕された翌日、レコード会社は全ての音源・映像の出荷停止、在庫回収、配信停止を発表した。
近年ミュージシャンの薬物事件ではこのような対応が即座になされ、また強化されてきたが、その「自粛」は何のため、誰のためのものだろうか?
こうした「自粛」に異を唱える著者たちがそれぞれの立場から問題の背景と構造を明らかにし、現代社会における「音楽」「薬物」「自粛」の在り方について考察を深めていく一冊。
巻末の音楽自粛小史は必見。

◆目次◆
はじめに――永田夏来
第一章 音楽が聴けなくなった日――永田夏来
ピエール瀧逮捕で電気グルーヴが聴けなくなる/署名提出とその後/自粛と再帰性/友達と、社会と
第二章 歴史と証言から振り返る「自粛」――かがりはるき
音楽自粛30年史/事務所、ミュージシャン、レコード会社それぞれの言い分
第三章 アートこそが社会の基本だ――宮台真司
快不快は公共性を持たない/アートの思想こそが近代社会の基本だ/好きなものを好きと言おう
おわりに――宮台真司
音楽自粛史年表

◆著者略歴◆
宮台 真司(みやだい しんじ)
一九五九年、宮城県生まれ。社会学者。東京都立大学教授。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了(社会学博士)。著書多数。

永田 夏来(ながた なつき)
一九七三年、長崎県生まれ。社会学者。兵庫教育大学大学院准教授。早稲田大学で博士(人間科学)を取得。専門は家族社会学。

かがりはるき
音楽研究家。ブログやSNSを拠点に研究・調査等を行っている。


【著者紹介】
宮台真司 : 1959年、宮城県生まれ。社会学者。東京都立大学教授。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了(社会学博士)。著書多数

永田夏来 : 1973年、長崎県生まれ。社会学者。兵庫教育大学大学院准教授。早稲田大学で博士(人間科学)を取得。専門は家族社会学

かがりはるき : 音楽研究家。ブログやSNSを拠点に研究・調査等を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゆうきなかもと さん

    すごい本だ!ソニーミュージックによる電気グルーヴの作品回収、配信停止に対して三人の著者が、鼎談などするわけではなく、三者三様文章を書いている。雑誌の特集のような構成!読みどころは、帯に書いてある坂本龍一の推薦文と宮台先生のアート論!「心に傷をつけること」がアートの本質というのを読んで、長年のアートに対するモヤモヤが晴れた気がした。アートを通して危ないものとか、この世にまだ見ぬものを見たくなるのは、何かすごいものに感染してしまっているからかもしれない。そしてすごいという意味では充分にこの本も感染源たりうる。

  • manabukimoto さん

    ピエール瀧さんの麻薬所持容疑での逮捕からの販売「自粛」の考察。 三章仕立て。 永田夏来さんによる社会学的な騒動の考察。ラジオにおける異議申し立てやら、再帰性の話やら。わかりやすくまとめられている。 かがりはるきさんの章は、平成の30年が自粛の時代の始まりという振り返り。 宮台真司さんは、芸術に対する認識論。娯楽とアートの違いを、昨年のあいちトリエンナーレの事例を交えての論考。 音楽は誰のものなのか問題。論点整理になった。

  • 河村祐介 さん

    電気の音源自粛回収・配信停止への署名運動がありましたが、その発起人となる社会学者の方とライターの方、そして宮台真司によるの3者による「アーティストの(薬物)犯罪による音源自粛とはなんぞや」という。たしかわりといろいろなところでも「社会の劣化」として取り上げている宮台真司の「クズ=言葉の自動機械・法の奴隷・損得マシン」論は、まぁまさにいまの地獄のごときSNSでも現実でも(リアリティショーを字義通りに観てみたり、政権批判を誹謗中傷と言ったり、自粛警察……)通じる話だなと。

  • なんこつ さん

    ミュージシャンの薬物事件による音源や映像の出荷と配信の停止、在庫回収などの「自粛」は、いつから、そして何のために行われてきたのかを、三人の著者がそれぞれの立場から論じていく。鼎談形式だと思い込んでいたから面喰らった。永田夏来による企業の思考停止と業界の事なかれ主義についての話と、かがりはるきによる音楽自粛の歴史についての話はおもしろく読めたが、宮台真司によるアート論に関しては、なんのこっちゃ、という感じでついていけなかった。巻末の音楽自粛小史を眺めていると、懐かしい名前がちらほらあってしんみりするね。

  • tanakaereki さん

    かがりさんの当事者インタビュー、宮台さんの論考は特に興味深く読めた

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮台真司

1959年、宮城県生まれ。社会学者。東京都立大学教授。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了(社会学博士)。著書多数

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品