金色の象

宮内勝典

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309402178
ISBN 10 : 4309402178
フォーマット
出版社
発行年月
1988年04月
日本
追加情報
:
206p;15X11

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 保志空良 さん

    誰も書いていないことを書いている、そう感じながら読んだ。 原っぱの小石、草、アスファルト。子どものころ、そんなものを見ながら感じた、意識が裏返るような感覚を何度か。混濁していくんじゃなくて、透きとおっていくような。異質なもので動いている世界を覗き見たような、そんな感じ。 好き嫌いがわかれる本。

  • seu さん

    特に「紫いろの頬」があまりに鮮烈だった。こういうところに大変なリアリティがあると思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮内勝典

1944年ハルピン生まれ。鹿児島県立甲南高校卒業後、アメリカへ渡る。ニューヨークで通算13年暮らし、世界60数カ国を歩いた。早稲田大学客員教授、大阪芸術大学教授などを歴任。著書『南風』(文藝賞)、『金色の像』(野間文芸新人賞)、『焼身』(読売文学賞芸術選奨文部科学大臣賞)、『魔王の愛』(伊藤整文学賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品