二千億の果実

宮内勝典

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309029931
ISBN 10 : 4309029930
フォーマット
出版社
発行年月
2021年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
289p;20

内容詳細

耳を澄ますと聞こえてくる、二千億の魂の叫び。見つけて、わたしを見つけて!閉塞した「世界」に木霊する、宮内文学の新たな挑戦。著者4年ぶりの小説刊行。

【著者紹介】
宮内勝典 : 1944年ハルビン生まれ。鹿児島の高校を卒業後、渡米。アメリカで通算13年暮らす。世界60数カ国を歩く。早稲田大学客員教授、大阪芸術大学教授などを歴任。著書に『南風』(文藝賞)『金色の象』(野間文芸新人賞)『焼身』(読売文学賞、芸術選奨)『魔王の愛』(伊藤整文学賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Odd-i さん

    「見つけて、わたしを見つけて!」。アフリカの角にある渓谷の地中で硬い石に変わったルーシーは、300万年後、白い子孫にそう呼びかけました。最初のルーシーが湖の畔に埋もれてから後、《原人》たちはアフリカの大地溝帯を抜け、遠く東の果を目指し、南米の最南端にまで辿り着きました。「わたしらはどこから来て、どこへ行くのか。果てしなくひろがる世界、永遠のどこに、いま、わたしらはいるのか」……著者自身も含む、時代も場所も異なる様々な語り手による短い26の章と共に、私たちヒトのまだ見ぬ未来を手探りしながら歩んで行きます。

  • rosetta さん

    小説なのかエッセイなのか、26の短文。三つ四つのまとまりで短編小説の様にも読めるけど。アインシュタインの脳、チェ・ゲバラ、類人猿の知性、中国残留孤児など、一見取り留めのないテーマの文章が散在している。それでも全体的に統一感があるのは不思議とリアルな幻想感のある文体か、作者の思考の一体感か。まるで現実と見分けのつかない夢を見ているような読書体験。自分が地球の歴史の中でひとつのパーツなのだとしみじみ心得させられる。手元に置いて時々少しづつ読み返したくなるような本。

  • ハルト さん

    読了:◎ マジックリアリズム的幻視。類人猿、原始人、カニバリズム、恐竜、宇宙、戦争、革命、テロ、他。罪の果実を齧ったかのように、人の業と罪が語られていく。連作短編集のような形態ではあるけれど、短編一つ一つが、表紙のアンリ・ルソーの熱帯雨林の絵によって想起される、どこか人類の原始的な夢幻の中に存在しているように思えた。人が無意識下で見る夢のような読後感だった。

  • 林克也 さん

    いのちの終わりを見据えての宮内さんの“思考と感情の履歴”つまりクロニクルなんだろうな。 色々感じるものはあったが、一つ、このなかで特に刺さったのは、あの、チャレンジャー号の爆発。あの朝、まだ今よりずっとずっとずっとずっとまともだったNHKのニュースで見た映像を思い出した。もちろんその頃の諸々のことを含めて。

  • chuji さん

    久喜市立中央図書館の本。2021年10月初版。初出「文藝」2018年春季号〜2020年夏季号。加筆・修正の上、書き加え。よくわからなかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品