センゴク一統記 4 ヤングマガジンkc

宮下英樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063823240
ISBN 10 : 4063823245
フォーマット
出版社
発行年月
2013年07月
日本
追加情報
:
19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 流言 さん

    『敵の御座すは本能寺に候』。ついに訪れた運命の時、高笑いと共に炎の中に消える信長。金柑頭……『金色の頭脳』明智光秀。二部の寸評を借りるなら『最も信長に愛された、歴史上最も謎多き男』ということだが、確かに同時代人にこの思考は理解し得ないし現代人でさえ受け入れがたい。有名な『時は今雨が下しる五月かな』という句を『下が天となり天が下となる政に候』『天主を戴かざる民の法』と解釈しているところが作者の異能を感じさせる。かつて光秀を見出した細川藤孝でさえ理解を示せず『信長よりも恐ろしい』と涙を流すところが物悲しい。

  • 急いで突厥 さん

    島に行っている間に発刊された巻。 本能寺の変の巻。

  • 加藤シゲアキそっくりおじさん・寺 さん

    本能寺の変!その模様が詳細に再現。ドラマではよく夜のイメージだが、夏の未明から早朝の襲撃。変後の京の様子も興味深い。光秀の前例の無い国家建設。それにしてもさよなら信長。この漫画の信長のもたらす緊張感が好きでした。さあ秀吉がどうなって行くのかがこれから楽しみである。例え知っていてもワクワクする。

  • 向ヒ兎 さん

    この表紙の晴れやかな表情と、戦国乱世、下克上を堪能しきった!ってセリフは宮下版信長らしいなぁと。一兵卒の様に弓引く姿は血肉沸いてる感じが、孫の面倒みて終える人生の人じゃないよな〜とよく分かった。光秀の国作り構想は、この人頭賢過ぎる。キルゾーンから民主主義の概念まで、宮下版光秀はカッコ良すぎてこの後の三日天下になってしまうのが残念なくらい。早く続き読みたい!

  • ha-g1 さん

    本能寺の変。第六天魔王、逝く。下克上に始まり、下克上によって人生の幕を下ろす。まさに戦国時代の象徴たる人物でした。だが時代はまだまだ続く。明智の無謀が策謀へと姿を変えていく様と、各地に散る名だたる武将の目覚めが間近に迫る。次巻も待ち遠しくて仕方ない!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮下英樹

漫画家。石川県出身。2001年「第44回ちばてつや賞ヤング部門大賞」を受賞し、同年「ヤングマガジン」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品