センゴク一統記 14 ヤングマガジンKC

宮下英樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063826845
ISBN 10 : 4063826848
フォーマット
出版社
発行年月
2015年10月
日本
追加情報
:
204p;19

内容詳細

織田信長に代わり、時代を手に入れるのは誰か――!?
かつて信長を敬愛した家臣・羽柴秀吉か。
それとも、永きにわたり信長と共に戦った盟友・徳川家康か。
後に歴史に名を残す両雄が、唯一直接刃を交えた「小牧・長久手の合戦」の真実を、今回も『センゴク』ならではの新解釈に基づいて大胆かつ精緻に描く!!
尾張を舞台に、秀吉が全国から動員した大軍と、家康軍の精鋭・徳川四天王が激突する!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • じゃに さん

    家康さんが覚醒していく姿、家臣団の結束の強さが描かれ、引き込まれた。そして堀久さんがキラリ!次巻が楽しみ。

  • まさ影 さん

    一巻丸ごとゴンベエ蚊帳の外ですが盛り上がってきました!

  • またおやぢ さん

    「学びは机上になく戦場にある。学びを刻むのは、頭や心ではなく、魂である。たとえ合戦に勝とうが負けようが、学びを得る。そう---学びは勝敗より尊きもの。己を上回る者のある限り、戦い続けねばならぬのだ。」これを家康に語らせるか宮下秀樹。深すぎるやないかい!小牧・長久手の戦い勃発。相変わらず、詳細な史料に基づくストーリー展開と、人物の思考・行動描写に息つく暇なし...家康覚醒の第14巻。

  • 案山子 さん

    いやー、不気味な存在ですよね、徳川軍。これまでの経験をすべて「学び」に変えて、どんどん経験値をあげていっているところがスゴイ。こんな風にレベルを上げていたのなら、今は勝てなくとも最終的に豊臣に勝つのは当然のような気もします。次でいよいよ一統記も終わり。果たしてゴンの出番はあるのかな(笑)。

  • yoo さん

    鬼武蔵と酒井忠次の扱いにニヤリとしてしまう。これは次の巻も主人公の出番はなしかな・・・w

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮下英樹

漫画家。石川県出身。2001年「第44回ちばてつや賞ヤング部門大賞」を受賞し、同年「ヤングマガジン」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品