センゴク一統記 13 ヤングマガジンKC

宮下英樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063826234
ISBN 10 : 4063826236
フォーマット
出版社
発行年月
2015年06月
日本
追加情報
:
205p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • じゃに さん

    家康さん本格始動!佐久間盛政の最期に涙。

  • 案山子 さん

    賤ヶ岳の合戦終了。「決して驕っちゃあなんねぇ」って秀吉自身も思ってて自戒しているというのに、最終的には…と思うと…。もう自分の意志ではどうにもならないということなんでしょうか。天下人の業、というか。 次は小牧・長久手の戦い。これからの家康の活躍(暗躍?)に期待したい。

  • シマウマヒツジサイ さん

    面白い。賤ヶ岳が終わり、舞台は小牧長久手の手前へ。絵も内容も濃く、読み始めたら最後まで一気に読まされました。柴田に勝って次々と他を取り込む秀吉、泰然と戦国時代の終わりを仕掛けて行く彼を、突如として姿を現した敵により焦らせる描写が上手い。

  • エムアイ さん

    いよいよ二台巨頭の対決ですな。センゴクも参戦させてもらえるのかしら?

  • 電羊齋 さん

    佐久間盛政も従容として死に向かう。天下人となろうとする秀吉。仙石家久々の団欒。そして家康が大きく成長して再登場。個人的にはようやく自分が道化だったことを悟った信孝と道化から脱しきれない信雄が印象的。「幽玄」という舞台装置は自分としては今ひとつ好みではないが、徳川家の闇と業を語るにはこういう描写にせざるを得ないのかも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮下英樹

漫画家。石川県出身。2001年「第44回ちばてつや賞ヤング部門大賞」を受賞し、同年「ヤングマガジン」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品