センゴク一統記 1 ヤングマガジンkc

宮下英樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063822311
ISBN 10 : 4063822311
フォーマット
出版社
発行年月
2012年10月
日本

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 流言 さん

    『史上最も失敗し挽回した男』仙石権兵衛秀久。理を解き知で詰める織田家中・秀吉傘下の与力において、身体を張って道を開く仙石の強みは際立った異質を放っている。kindle版では巻末に収録されている『ヴィンランド・サガ』の幸村誠との対談で語られている『強さ』の話題も面白い。確かにトルケルの『戦争、大好き!』という価値観はダントツの生命力があるし、一方て迷いを持たない硬骨な強さを持つ柴田勝家は同じように強いようでいて、秀吉に迎合できずに敗北を喫している。せっかくの対談なので、もっと突っ込んだ話も聞きたいと思った。

  • 急いで突厥 さん

    豊臣秀吉の家臣仙石権兵衛を主人公に据えたシリーズ。 権兵衛もだいぶ出世してきたな〜^^

  • 加藤シゲアキそっくり女子高生・寺 さん

    新シリーズ突入。まずは本能寺に向けての緊迫した状況。秀吉は高松城攻めを計画。主人公権兵衛は淡路攻略を命じられ、大名になるチャンスをゲット。信長の三職推任問題や海外への野望も出て来る。絵柄が明るくなってきた様に感じるのは気のせいか。

  • ショウヤ さん

    かつてのネズミ木藤が随分貫禄ついたなー。秀吉カッコイイわ。そしてセンゴクがついに大名になるか……!?回想シーン懐かしくてグッと来た。

  • 舞人(maito) さん

    ついに第三部へ。群雄割拠の時代から統一へ向かう中でのセンゴクの活躍を描く、という流れらしいが、まずは本能寺の変をどう描くか、だろうなあ。この作品の光秀はとにかく不気味すぎるけど、信長に反旗を翻す動機がまだ完全には見えない。そこが気になって、センゴクが一国一城の主への道が一気に始まったことが頭に入らない(涙)その一方で家康の信長歓待をここまで具体的に描いた作品読んだことがなく、涙ぐましい努力に愕然とさせられる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮下英樹

漫画家。石川県出身。2001年「第44回ちばてつや賞ヤング部門大賞」を受賞し、同年「ヤングマガジン」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品