コイシラズ はなまるコミックス・プレミアム

定広美香

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592720430
ISBN 10 : 4592720431
フォーマット
出版社
発行年月
2011年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
栗本薫 ,  
追加情報
:
266p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みやこ さん

    これほどマッチングする原作と漫画は、そんなに多くはないだろう。栗本薫の世界であり、定広美香の世界でもある。暴力と紙一重のセックス。狂おしいまでの情愛。突き抜けた才能故に、苦悩する姿。或は、その才能に惑わされる周囲。彼らの魂の慟哭が胸に刺さる。そんな中でキラリと光る、一途で純粋な想い。恋を知らなかった天使が恋を知り、より深みのある音を奏で、やさしく愛を語る。奪うことしか知らなかった野生の獣は、守ることと失うことの強さを知る。彼らの奏でる艶めかしいハーモニー。ガツンとくる読み応えがたまらないお借り本。感謝!→

  • 青龍 さん

    中古書店で購入。栗本先生の原作は未読だけど、「キャバレー」と「死はやさしく奪う」は若かりし頃に読んだ。栗本先生の小説(今でいうところのBLになるけど、「やおい」とか「耽美」の方が近いと思う)の雰囲気に合っている絵柄で、栗本先生の作品を読み漁った頃を懐かしく思い出した。もう新作が読めないのは、淋しい。久しぶりに初期作を読み返したくなった。

  • たぁにい さん

    栗本薫と定広美香という最強タッグの作品。痛くて激しい癖のある栗本さんの原作に定広さんの絵はぴたりと馴染む。セックスと音楽。互いに交わり昂り合う中で生まれるもの。他の存在と混ざり合う陶酔感。優しい話ではない。生々しくて剥き出しの感情と暴力と愛の話。でも読めてすごく満足。そうか、栗本さんはこれを目にすることなく逝ったのか。

  • せ〜ちゃん さん

    ★★★★ 表紙ではしっとりした感じの印象を受ける、綺麗な装丁でしたが、内容は、ジャズとセックスの世界にめり込んだ主人公達の、情熱的なお話でした。

  • saki@まったり更新中 さん

    そうか!キャバレーの主役だったか俊一って。懐かしすぎる(笑)映画にもなってたな〜 今時のBLとは違います、耽美な世界かな。魂と魂の惹かれあい。そうでしたね栗本先生って♪そして何故か受け身側がいつも殺生沙汰、みたいな?BLじゃないけど【真夜天】も【翼〜】も描写が痛かった(;_;)定広さんが栗本先生の世界を描いてくださって嬉しいです!やはり作品を見せたかったでしょうね!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品