葉隠物語

安部龍太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784901032971
ISBN 10 : 4901032976
フォーマット
発行年月
2011年03月
日本
追加情報
:
20cm,415p

内容詳細

佐賀鍋島藩3代と家臣たちの“命懸けの言行録”である「葉隠」。数々のエピソードを小説化、「葉隠」の語り手・山本常朝の生き方に迫り、この書物が誕生した背景と現場を明らかにする。「月刊武道」連載の書籍化。

【著者紹介】
安部龍太郎 : 昭和30年、福岡県生まれ。平成2年、『血の日本史』でデビュー。歴史時代小説の大作を続々と発表。平成17年、『天馬、翔ける』で中山義秀文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アッキ@道央民 さん

    久々に読んだ歴史小説。今年直木賞を受賞した著者の作品を読んでみたいと思い図書館で借りて来ました。 佐賀鍋島藩の創成期。武断政治から文治政治に変わりつつある時代にあって、主君のために命をかけて忠誠心を捧げる家臣達の想いには頭が下がります。葉隠の語り手山本常朝の真っ直ぐなまでの生き方は男としても魅力を感じました。

  • ともくん さん

    鍋島武士の教科書。 鍋島武士の矜持だ。 山本常朝『葉隠』を娯楽性に富み、且つ、分かりやすく、当時の武士道とは何か描いた。 武士道とは―死ぬことと見付けたり。

  • ピンクピンクピンク さん

    『葉隠』は鍋島藩氏山本常朝が口述した初代藩主直茂から三代光茂までの間の鍋島武士、曲者達の昔語を筆録しまとめたもの。本書は二十三話からなる物語の頭に『葉隠』からの一節が引用され展開される構成。語られる「武士道」が潔く、義に暑くて格好良い。信義に心血を注いで生きた登場人物の様が実に爽快です。

  • makka さん

    秀吉の九州平定前の鍋島藩藩祖直茂公から、山本常朝が葉隠を書き上げるまでの約140年間、曲者と呼ばれる奔放苛烈な鍋島武士たちの逸話を時系列に追って行く連作短編集。毎朝ありとあらゆる死ぬ場面を想定し、いつ命が終わっても構わないと覚悟を定め、死に身になりきって世に向かい合い、心の自由を得てあらゆる物事に自由に対応できるようにする。あとがきで著者がインスパイアされたと述べているが、自分も葉隠と言えば隆慶一郎の「死ぬことと見つけたり」。久々にあの未完の大作を読みたくなった。

  • ホン さん

    佐賀鍋島藩の創成期を綴った物語 武断から文治への時代の流れを先読みした主君の先見性 家臣の主君に対する頭が下がるぐらいの忠誠心 これらがあったからこそ取り潰しの危機を幾度となく乗り越えられたようだ 決して順風満帆でなかった事がよくわかる

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

安部龍太郎

1955年福岡県生まれ。久留米工業高等専門学校卒業。90年『血の日本史』でデビュー。2013年『等伯』で第一四八回直木賞受賞。20年第三八回京都府文化賞受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品