CD

クロニクル

安藤裕子

基本情報

カタログNo
:
CTCR14580
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ひらめきに満ちたメロディと独特の響きを持った言語感覚、そしてそれを聴かせる表現力豊かな歌声で、一気に新しい世界へ誘う、稀有なシンガーソングライター、安藤裕子。多くの音楽ファンが待ち望んだ前作から1年3ヶ月ぶりとなるアルバム。

Single「海原の月」がヒットし、2008年3月のシングル「パラレル」では全く新しい世界を切り開いた彼女。これまで同様、既成のジャンルに捕らわれない自由な発想でつむがれ、心の奥の深い所にふれる歌詞と、それを奏でる熟達したミュージシャンとのコラボレーションによる極上の仕上がりとなっています!

内容詳細

1年3ヵ月ぶりのアルバムは、スカパラの茂木欣一をゲスト・ヴォーカルに迎え、小沢健二の楽曲のカヴァーなど新基軸を開拓。「HAPPY」は末光篤(SUEMITSU & THE SUEMITH)の書き下ろし曲などオリジナル以外のコラボも楽しめ、彼女の透明感と情感あふれるヴォーカルを堪能できる。(池)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ビデオクリップ1

このアイテムはビデオクリップ1をご覧いただけます。

動画コメント

※注 このビデオクリップ1はプロモーション映像のため、こちらの商品に収録されておりません。

ビデオクリップ1の試聴方法は こちら

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
年を追うごとに深まる卓越したセンス♪編ま...

投稿日:2021/05/28 (金)

年を追うごとに深まる卓越したセンス♪編まれてゆく音楽エネルギーとアート感覚。集められてゆく想像力と増してゆく振り幅。積み重ねてゆく活動に刻まれてゆく年輪。アップデートされてゆく精神的記録。編纂された年功楽曲記述を読み解こう♪!4th album『chronicle.』2008年発表。1.六月十三日、強い雨。いつくしみ深さや思いやりに溢れていて、あたたかい。2.HAPPY。あかるくすすんでゆけそうな、心強いエネルギーに満たされるよう。3.水玉。軽快に次々と変わりゆく展開の楽しさと面白さ。4.美しい人。綺麗なメロディーにひたりつつ、考えを巡らせたくなるような歌詞。5.海原の月。美的感覚に溢れていて魅了される。感情に迫り来るものがある。名曲。6.お祭り -フェンスと唄おう- 。楽隊と一緒にたわむれているような♪、楽しさと豊かな喜びがある。7.Hilly Hilly Hilly。つきぬけれるような、リフレッシュ出来るような、超常感。8.鐘が鳴って 門を抜けたなら。心のよりどころのような、たのもしい雰囲気と安堵感を与えてくれる。9.再生。幻想的な世界観につつまれてゆく、壮大なイメージ。10.たとえば君に嘘をついた。安心感が得られるような、眠りにつけるような良い心地。11.パラレル。速度以上に伝わり来る何か。感情が駆け巡って来るよう。12.ぼくらが旅に出る理由。原曲よりも何度も聴くようになってしまった。見事な出来映え。13.さよならと君、ハローと僕。情景が浮かぶような、穏やかな視点の歌声に聴き入る♪ 全十三曲-シングル二曲を含む充実の内容。アルバムとしてはカバー曲は初収録かしら、新たな側面を見せつつ、よく練られてまとまりのある印象。感動を呼ぶ楽曲群♪。/ DVD付きには48分の映像。ACOUSTICLIVE2008 ドキュメントに加えて、海原の月-パラレル-HAPPYの三曲のmusic clipを収録。舞台裏やライブでの感動の場面もあり、見応えありでございます。

seigo-hk さん | 長崎県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
名曲がたくさん入った好アルバム。「海原の...

投稿日:2021/05/05 (水)

名曲がたくさん入った好アルバム。「海原の月」「さよならと君、ハローと僕」などは中毒性があり永遠に聴いていられる。好きな曲を40分くらいに編集したものを長年愛聴している。ヘッドホンで聴くのがおすすめ。

紳 さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
こちらで予約し購入しました。 それから半...

投稿日:2008/12/05 (金)

こちらで予約し購入しました。 それから半年過ぎましたが時々聴いております。 飽きませんね。定番になりつつあります。次の新作を期待して、あえて「最高」の評価はつけません。

hatakehousaku さん | 鹿児島市 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

安藤裕子

1977年生まれ。シンガーソングライター。2003年ミニアルバム「サリー」でデビュー。類い稀なソングライティング能力を持ち、独特の感性で選ばれた言葉たちを、囁くように、叫ぶように、熱量の高い歌にのせる姿は聴き手の心を強く揺さぶり、オーディエンスに感情の渦を巻き起こす。

プロフィール詳細へ

安藤裕子に関連するトピックス

おすすめの商品