ル・コルビュジエの勇気ある住宅 とんぼの本

安藤忠雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784106021190
ISBN 10 : 4106021196
フォーマット
出版社
発行年月
2004年09月
日本
追加情報
:
21cm,127p

内容詳細

誰もが認める20世紀建築における最大の巨人ル・コルビュジエ。でも、一体どこがどうすごいのか。そもそもどこが巨匠たるゆえんなのか。安藤忠雄が「住宅」を切り口に、その魅力に迫るスリリングな建築談義。

【著者紹介】
安藤忠雄 : 1941年大阪生れ。建築家、文化功労者。17歳でプロボクサーとしてデビュー。その後日本やヨーロッパでの放浪を経て、独学で建築を学び、1969年に事務所を設立。イェール大、コロンビア大、ハーバード大の客員教授を務め、1997〜2003年東京大学教授、現在は東京大学名誉教授。1979年に〈住吉の長屋〉で日本建築学会賞、2002年に米国建築家協会(AIA)金メダルほか受賞歴多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • zirou1984 さん

    ル・コルビュジエの入門書としては文句なし。豊富なカラー写真は建物の内部を撮ったものも多く、住宅の住み心地についてもイメージし易いものとなっている。内容としては写真が中心の100頁少しの本であり、安藤忠雄の解説も語り口調でわかりやすいことしか述べていないが、ル・コルビュジエの凄さについて間口がきちんと開かれている。ユニテ・ダビタシオンの集合住宅の意図や構造については面白く、実際に住んでみたいと思えてくる。西洋ではレンガ造りが主流なため、鉄筋コンクリートへの抵抗感が強かったというのは日本にはない視点だった。

  • かっぱ さん

    【図書館本】安藤忠雄が語るコルビュジエ。やはり若い時に感銘を受けたものの影響は知らず知らずに受けているものだと思わされる。安藤建築の中にコルビュジエを見たという印象。コルビュジエは無理でも、安藤さんの建築なら日本にいながら見ることができるので、もっとたくさんの実物に接してみたいと思った。

  • たー さん

    ユニテ・ダビタシオン良いなぁ。安藤忠雄のことも知れてお得。

  • ネムル さん

    「スロープをのぼってゆくと、最初は暗く、それがだんだん明るくなり、最後は屋上に出てパーッと外の景色がひらけます。どうみても、合理的な機能というより、ドラマティックな空間を演出する装置なのです」、ル・コルビュジエの建築はフォトジェニックなだけに写真を眺めるだけでも面白いが、その魅力を上手く伝える安藤忠雄の文章も良い。特にスロープについての記述は単純ながらも納得した。特に意識してこなかったインドのサラバイ邸について、頁を割いてしっかり紹介しているのもまた印象的。

  • Teppei Tsujiyama さん

    豊富なカラー写真で読みやすい。分かりやすい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

安藤忠雄

建築家。1941年大阪府大阪市生まれ。プロボクサーとして活動ののち、建築家をめざすことを決意。世界を旅し数多くの建築を見てまわったあと、独学で建築を学び、28歳で安藤忠雄建築研究所設立。代表作に「光の教会」「ピューリッツァー美術館」「地中美術館」など。「住吉の長屋」で日本建築学会賞、建築界のノーベル

プロフィール詳細へ

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品