日本を脱出する本 短期の海外移住から永住まで

安田修

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478016640
ISBN 10 : 447801664X
フォーマット
出版社
発行年月
2011年08月
日本
追加情報
:
270p;19

内容詳細

日本から脱出したいと考えている人に向けた、海外移住マニュアルの決定版。低予算で行う方法、国外脱出の手順・手続き、子どもの教育環境などを解説。なるべくお金をかけず、誰でも簡単にできるノウハウが満載。

【著者紹介】
安田修 : 1958年神戸市生まれ。ルポライター、広告代理店プランナー(大手旅行会社等担当)などを経て、現在はフリーライターとして活動。2000年に開設したWEBサイト「海外移住情報」は、海外移住マニュアルのパイオニアとして“移住ブーム”の火付け役となった。2009年8月、東京から沖縄の那覇に転居(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • スーパーモラル さん

    英語を勉強する動機付けで読む。海外への移住を考える上で役に立つこと、注意すべき点がまとめられており、ワクワクする。海外で注意しなければいけないのは「海外で出会う日本人」というのは知らなかった。これは日本人同士でつい信用してしまう心理を利用した詐欺で、実際多いらしい。国内と違って何かと被害に遭う可能性があるので自分のことはすべて自分でやるくらいの気持ちで自立心をもって挑むことが大事だそうだ。後になって「若いころにこういう制度があることを知っておけば」などとは言いたくないので、気になる情報は調べておきたい。

  • ryuetto さん

    海外移住なんて、あんまり現実的な話じゃないなあ。とは思いつつも、自分の選択肢の幅は広げておきたいし。国外へ出るのに、どんな手続きが必要なのか、どんな点に注意した方がいいのか、詳しく書いてあるので、参考になります。 海外移住について、少しでも興味がある人にお勧めです。

  • 柊 さん

    旅行気分でも参考になる。移住は今のところそこまで考えてはいないかな。日本の治安の良さにはまだまだ求心力がある。

  • Humbaba さん

    現在円高が進んでいる.これは,日本の国益を考えれば大きな問題である.しかし,個人の事情で考えたときに,海外移住を進める好機になりうることも事実である.誰もが海外移住を志しているわけでも,向いているわけでもない.しかし,最初から選択肢にも入れないのはもったいないことである.

  • 袖崎いたる さん

    秋の夜長に読むには、どうもメンタルに悪い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

安田修

北海道大学経済学部卒、日本生命保険相互会社で15年勤務後、起業。コミュニティ・プラットフォーム『信用の器フラスコ』代表。オンラインサロン『セールスファネル・ラボ』など多数のコミュニティの立ち上げ、運営に関与(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品