病院でぼくらはみんな死にかけた!! BAMBOO ESSAY SELECTION

安斎かなえ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784801913240
ISBN 10 : 4801913245
フォーマット
出版社
発行年月
2017年12月
日本
追加情報
:
128p;21

内容詳細

命を落とすブラック病院が続々。元ナース漫画家が全国から寄せられた九死に一生体験をマンガ化!!

【著者紹介】
安斎かなえ : 1971年2月14日生まれ。元ナース、22歳の頃に4コマ漫画でデビューし、しばらく兼業を続ける。25歳でナースを辞め、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • chatnoir さん

    私はあんまり病院に行かないけど、こういう対応はよく聞くし、ちょっと怖い。盲腸で4回も開腹されるなんて怖すぎる。夜間に行っても原因が分からなくて、月曜に来てくださいとか言われて、月曜に行ったら医者になんでほおって置いた!!って怒られるのも理不尽すぎる。でも医療関係者の側から見ると、変な患者も多いんだね...わがままな人も...。

  • zetumeturibo さん

    医療系の仕事をしているので、正直「それは…申し訳ない」と思うことも。 夜勤中のお菓子や腹ごしらえは、とても至福の時間なのです。 それでもヤブ医者の話はあり得ない。

  • KOZY さん

    ぶっとばしたい医者やナースがいるもんですな。

  • chmod さん

    読了

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

安斎かなえ

22歳の頃に4コマ漫画でデビューし、しばらく兼業を続ける。25歳で看護師を辞め、現在に至る

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品