花豆の煮えるまで 小夜の物語 偕成社ワンダーランド

安房直子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784035401001
ISBN 10 : 4035401005
フォーマット
出版社
発行年月
1993年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,138p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はる さん

    再読。とても好き。儚く美しい安房さんの世界。山の温泉宿の娘・小夜の物語。どこか懐かしく、それでいて幻想的。色彩の表現も美しい。独特の語り口に物語世界に引き込まれる。寂寥感の漂うラストも素晴らしい。続編とも言える「うさぎ座の夜」は未読なのでぜひ読みたい。

  • ぶんこ さん

    先にうさぎ座を読んでいましたが、小夜ちゃんは山姥の娘さんと人間のお父さんとの間の子だったのですね。お母さんは風になって行ってしまったけれど、いつも身近で見守ってくれていると小夜ちゃんは感じています。風になったお母さんか、麓の洋服屋さんの女性が新しいお母さんになるのか?朴の木に山姥に会いたいと頼む小夜ちゃんがいじらしい。一抹の淋しさが漂いますが、温かいお話。

  • はる さん

    子どもの頃見た、不思議な夢のよう。安房さんの文章はとてもリリカルで優しい。子どもに戻れる幸せな読書時間だった。大好きな作家さんだが、晩年に描かれたこの作品は未完な感じで終わっているのが悲しい。

  • seacalf さん

    七十二候の本で紹介されていた童話。これ、かなり好き。山奥深くの温泉宿で暮らす女の子、小夜が主人公。実は小夜、人間のお父さんと山の精のお母さんの子供で・・・。現実と幻想の境界があやういほど近いのに、違和感なくすーっと胸に入ってくるこの世界観が素晴らしい。小学生以来ほとんど和製ファンタジーは読んでなかったが、すごくいい。読むだけで心がほどけていく。こんな読書がしたいんだ。安房さんは初めて読んだけれど、彼女のように今はまだ知らないけど素敵な作家さんがこの世には沢山いるんだろうなあと幸せな気持ちにさせてくれた。

  • takaC さん

    派手さはないが沁み入る心地良さ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

安房直子

1943年、東京生まれ。日本女子大学国文科卒業。『さんしょっ子』で日本児童文学者協会新人賞、『風と木の歌』で小学館文学賞、『遠い野ばらの村』で野間児童文芸賞、『山の童話 風のローラースケート』で新美南吉児童文学賞、『花豆の煮えるまで 小夜の物語』でひろすけ童話賞など数多くの賞を受けた。1993年逝去

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

  • 『異世界のんびり農家』10巻!特装版はドラマCD付き♪ 各種族による出し物の披露や、ザブトンによるファッションショーで盛り上がる村民たち。 そんな平穏な日常は一変、五ノ村... |2021年02月15日 (月) 13:00
    『異世界のんびり農家』10巻!特装版はドラマCD付き♪
  • BTS愛読書&アルバム・MV引用本 メンバーがおすすめの本や、アルバムのコンセプト、MVで引用された関連本まとめページです。【不定期更新】 |2021年02月12日 (金) 11:00
    BTS愛読書&アルバム・MV引用本
  • 第8回「高校生直木賞」 第8回「高校生直木賞」候補作決定! |2021年02月05日 (金) 17:30
    第8回「高校生直木賞」
  • 2020年本屋大賞発表! 大賞:凪良ゆう『流浪の月』ほか2020年度の本屋さんがいちばん売りたい本各賞決定! |2021年02月03日 (水) 00:00
    2020年本屋大賞発表!
  • 第13回新井賞発表 第13回新井賞は、桜木紫乃『俺と師匠とブルーボーイとストリッパー』に決定! |2021年01月20日 (水) 20:45
    第13回新井賞発表
  • 第164回芥川賞・直木賞 芥川賞に宇佐美りん『推し、燃ゆ』、直木賞に、西條奈加『心淋し川』が決定! |2021年01月20日 (水) 16:30
    第164回芥川賞・直木賞

おすすめの商品