深夜食堂 8 ビッグコミックススペシャル

安倍夜郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784091842114
ISBN 10 : 4091842119
フォーマット
出版社
発行年月
2011年10月
日本
シリーズ
:
追加情報
:
21cm,152p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 小梅 さん

    再読。たしかにゴーヤの絵は描くのが面倒そうだ(笑)塩鮭とオイルサーディンが良かっな。そうだ、オイルサーディン買ってあるから近いうちにオニオンスライス乗せて作ってみよう。

  • 山田太郎 さん

    ほっこりする人情話の割に作者がでると生々しくなるのはどんなもんかと。しかし、わりとあきないな、このマンガ。

  • momogaga さん

    レンタル。親子の物語もよく出てきますね。なんだかんだあるけど、最後はハッピーエンドで終わるところがいいです。

  • 寺 さん

    いつ読んでもリラックスさせてくれるシリーズ。店の常連のレギュラー陣にも愛着が湧いてきて、出て来るとホッとする。まるで私まで常連になったかのようだ。最後の話は東日本大震災時の発表だろう。常連達が安価で美味しい油揚げの焙ったのを食べながら、常連の師匠の落語を聞いて木戸銭を払い義援金にする。漫画とは言え、存在が独り歩きし始めたであろうキャラクター達が集まって、被災地に向けたちょっとした優しい気持ち。決して届く事がないお金が描かれた最後のひとコマが何となく暖かい。

  • 匠 さん

    外国人のお客が注文する「おから」の話が心に残った。存在感のない人でも香りでアピールすることができる、確かにそうだ。でもきっとデービッドは彼女の地味な顔つきなんて何も気にしていなかったんじゃないだろうか。それとこの作品、お客がけっこう文学青年多かったりで。会話の中に島崎藤村の詩やゲーテの言葉なんかが飛び出して、なかなか楽しい。早食いの僕はいったい何を注文したらゆっくりいられるだろう?(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド