昭和30〜40年代 みんなの想い出アルバム らんぷの本

宇山あゆみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309750286
ISBN 10 : 4309750281
フォーマット
出版社
発行年月
2017年11月
日本
追加情報
:
128p;21

内容詳細

あの頃遊んだおままごとセットや、おこづかいで買った小さなおもちゃ。お姉さんの部屋には、アイドルみたいに白いギターが置いてあった。お母さんは、レース編みで応接間を飾り、お父さんは買ったばかりの一眼レフで、成長する私たちを撮り続けてくれた…忘れかけていた、想い出の暮らし大全集!!昭和30〜40年代、もう一度見たいあの頃の暮らし。

目次 : 子供部屋/ お姉さんの部屋/ 想い出の手芸/ お母さんの部屋/ みんなの台所/ お風呂場/ 応接間/ お父さんの部屋

【著者紹介】
宇山あゆみ : 1969年、東京生まれ。人形・マスコット作家。女子美術大学産業デザイン科卒業後、会社勤めを経て、フリーの人形作家に。“昭和の時代にあったかわいいものを現代によみがえらせる”をテーマに創作活動を行い、各企業とのコラボ商品や自作のポーズ人形の展示などで活躍中。昭和30〜40年代の女の子洋品コレクター、そして“日本一のポーズ人形コレクター”でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 紫陽花と雨 さん

    昭和30年〜40年の、ファンシーレトロなグッズを集めた本。表紙からして懐かしい!何故だ、生まれてないのに!(笑)多分母や祖母が使っていたものが、私が子どもの頃まだ家にあったのだと思う…とか言って本を読み進めたら「あれ、これまだばあば使ってる花柄ゴミ箱だよね」とか「ばあばの家にまだあるよこれ」とかいう話に。今見てもファッションやライフスタイルが素敵に見える懐かしき古き良き昭和に浸れる1冊です。この年代やっぱり好き。後半部には、まさかの昭和お色気ものがあって驚きました(笑)

  • シルク さん

    お、おおう……(゜゜) 「ほんっとうに小さい時、うちの台所こんなやった」みたいな、ほんのり見覚えがあるよーな世界が満載。くどい花模様のポットとか電気釜。p.80に写真が載っている、花柄のプラスチック容器は今も実家の台所にある。そしてこの本を見ていて、一番「ああ!」となったのがp.81の「ピエール・カルダン食器」だ。広島の山奥深く、父方の田舎の家に、ワサワサあったの、この縞々模様のガラス食器だった。わたくしコレが、鳥肌立つ位気持ち悪くて嫌いでねぇ……(´-∀-`;) こういう名前だったんだ、フーンみたいな。

  • ぽけっとももんが さん

    図書館新着本。「よそゆき」の服があった時代だ。デパートに行く時にはよそゆきを着ていた。お母さんも参観日にはめかしこんでやって来る。わたしもまさにこれに出てくるようなものに囲まれていた。花柄の炊飯器やポット、花模様のガラスのコップ。狭い家にも足踏みミシンがあって、姉妹お揃いのワンピースを着せてもらっていた。編み機もあったなぁ。電話にもドアノブにもとにかくなんでもカバーをかけていたり、畳の部屋にゴージャスな金やガラスの置き時計があったり、デコラティブでごちゃごちゃした、あの家が懐かしい。

  • チョビ さん

    著者の年代からちょっと離れているので、知らないものと使ってたものは半々ですが、おもちゃから本物の食器やら家具やら応接間!お・う・せ・つ・ま!のでっかいステレオとかって、どんなお嬢様なんだ?と、もう興味津々に目の保養をさせていただきました。実は私はリカちゃんは貰い物含めてかなり持ってましたが、ひとり遊びでしたね。外で遊ぶときのみ人と遊ぶという感じだったことを思い出す。なんでだろう、とつくづくその不思議な行動に未だ回答はなし。

  • chitotaka さん

    10年ほど前に出版された「楽しきわが家」を改題・再販したものだそうです。昭和30〜40年代の家庭用品・日用品、子供服やおもちゃなどが写真で紹介されています。当時相当流行った様々な手芸品が特に懐かしい。たばこの空き箱や包装紙を使った傘の置物やアップリケの図案、今では廃れてしまったレース編みの椅子カバー、キューピードレスなど、久しぶりに思い出したもの多数。現在の安くてセンスのいい既製品には全く敵わないけど、ダサ可愛くて素朴な手作りの良さがありました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宇山あゆみ

1969年、東京生まれ。人形・マスコット作家。女子美術大学産業デザイン科卒業後、会社勤めを経て、フリーの人形作家に。“昭和の時代にあったかわいいものを現代によみがえらせる”をテーマに創作活動を行い、各企業とのコラボ商品や自作のポーズ人形の展示などで活躍中。昭和30〜40年代の女の子洋品コレクター、そ

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品