アクタージュ Act-age 5 ジャンプコミックス

宇佐崎しろ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088816944
ISBN 10 : 4088816943
フォーマット
出版社
発売日
2019年02月04日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

巌から自身の余命を告げられた日を境に夜凪は芝居に没入できなくなってしまう。様子を見かねた黒山の助言のおかげで巌が託した想いの意図を知り、劇団の仲間のために自分がすべきことを見つけ出す夜凪だった。しかし、舞台公演を前に巌の容態が急変して――。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    巌が危篤状況に陥る中で始まった銀河鉄道の夜。間近で見てきた景だけでなく、それぞれが感じるものがあって劇の中に落とし込まれてゆく中、未だ答えを見いだせないアキラが一皮むけるか期待というところですか。

  • わたー さん

    ★★★★★ほんとうの幸とはなんだろうか。自分にだけ明かされた巌の死。悩みながらもそれに触れ続けることで、カムパネルラとして完成していく夜凪。そして銀河鉄道の発車ベルの音が鳴り響く…最近、初めて舞台を見に行ったせいだろうか、ジャンプ本誌の時よりも作品自体の妖しい魅力を直に感じて脳汁ドバドバ溢れ背筋がゾクゾクした。果たして天球の役者たちはほんとうの幸にたどり着けるだろうか。

  • 薫子 さん

    巌さんと積み上げてきた芝居が始まる。アキラはここで開花なるか。

  • み さん

    いいところで終わった。どうする星アキラ、どうなる舞台。銀河鉄道の夜が読みたくなる。

  • 有子 さん

    あー好き。ほんと好き。本誌でしっかり追いかけてるけど何度だって読める。今回も表紙の魅力と楽しい空きスペースのおまけが素晴らしい。七生ちゃん言動が可愛くないところが可愛いな。巌さんの死を受け入れて成長した夜凪と、彼女に引っ張られる形で最高の演技をする劇団天球の面々。かっこいい主演が全てではないよね。見られ方を常に意識してるスターズの呪いにかかったアキラに、夜凪のアドリブを通して巌さんの演出がはいるピンチで引き。ネットニュースの速報に動揺したり、それぞれ舞台を見て思うところのある観客を描いてくるところも良い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品