漱石のことば 集英社新書

姜尚中

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087208245
ISBN 10 : 4087208249
フォーマット
出版社
発行年月
2016年03月
日本
追加情報
:
251p;18

内容詳細

ミリオンセラー『悩む力』の著者が、夏目漱石没後100年に満を持して”名言集”に挑戦。本書に収めた148の言葉は、混迷の21世紀を生き抜く私たちに、深い智慧と生きる勇気をもたらしてくれる。

【著者紹介】
姜尚中 : 1950年生まれ。東京大学名誉教授。専攻は政治学・政治思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 蓮子 さん

    「そんなら死なずに生きて居らっしゃい」−−夏目漱石の名言集。本書を読むとこれだけ鋭い眼差しで世界を見ていた漱石の凄さが解ります。彼が残した言葉は時を経るごとにますます深く、そして新しく響きます。それは彼が物事の本質を見抜いていたからこそ。漱石は20代の頃に色々と読みましたが、当時は書かれてる言葉を表面的にしかなぞっていなかったんだなぁと痛感しました。若い頃に漱石を読む意義は大きいけれど、寧ろ彼の作品はある程度年齢を重ねた人が読む方がより味わい深く感じるように思います。また漱石の作品を再読したくなりました。

  • 14番目の月 さん

    漱石の書から抜粋された文に姜さんの思うところが綴られた漱石没後100年という節目にふさわしい内容。 100年たっても漱石の作品は古さを全く感じない、なんてすごい人なんだと思う。

  • けんとまん1007 さん

    どうしてなんだろう?今の時代、そのものが、漱石の言葉で語り尽くされていると感じてしまうのは。それだけ、変わらないのかというよりも、さらに、人にとって暮らしにくい時代になっているからなのかもしれない。よく語られてきたとおり、漱石自身の状態もあるが、そんな人が増えているのだ。ただし、漱石ほどの知見を持ちえた人はいない。無性に、読みたくなったしまった。

  • ハイカラ さん

    漱石の名言集。名言そのもののチョイスはいいのだけれど、それに付けられている著者のコメントがよろしくない。「私はこう思う」「私はこうだった」というような自分語りが少々鼻につき、楽しめなかった。コメントはいらなかったかもしれんね。

  • ホシ さん

    漱石の作品群から姜尚中氏が選んだ148の珠玉の名言集。漱石の思想を自我、文明感、金銭観、善悪、女性観、男性観、恋愛観、審美眼、処世雑感、死生観の10の観点から捉え、漱石の箴言に姜氏の解説と所感を付記するスタイルです。「ああ、あれだなぁ」と思うものもあれば、改めて瞠目しなおすものもありました。ただただ感服するのは漱石が100年後の社会を完全に見抜いていた、その先見の明です。私は五輪も万博も反対ではありませんが、経済波及効果が云々言っていいるようでは漱石の時代と何も変わらないと思うのです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

姜尚中

1950年生まれ。政治学者。東京大学名誉教授。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品