中華バカ事件簿 2008‐2011年 事件・事故・社会風俗完全レポート

奥窪優木

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594064006
ISBN 10 : 4594064000
フォーマット
出版社
発行年月
2011年05月
日本
追加情報
:
19cm,256p

内容詳細

「週刊SPA!」のコラム「中華人民毒報」の約3年間分を書籍化。北京五輪から上海万博まで、中国で巻き起こった折々の事件・事故、社会現象について、中国国内メディアのニュースと、現地在住者の声をもとに綴る。

【著者紹介】
奥窪優木 : 1980年、愛媛県生まれ。上智大学経済学部卒。在学中からフリーライター活動を開始。大卒後、実話誌記者となるも、2004年に渡米。ニューヨークで出版社・新聞社勤務の後、帰国して、再びフリーライターに。2007年に居を中国・広州に移す。約1年間の滞在中、医療や知的財産権関連の社会問題を中心に取材を行う。2008年に帰国し、『週刊SPA!』誌上で「中華人民毒報」の連載がスタート。現在、週刊誌や月刊誌などを中心に活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • がんぞ さん

    宮崎正弘氏も言うように「混乱を期待し、実現すると喜ぶ」「肉食民族ゆえ日本人が見てグロテスクなものが食欲をそそる」「国家は信用しないがカネは『命より大事』」「見栄っ張りでギャンブルを好む」国民性があるとしか思えない。一人っ子政策による《小皇帝》化=両親・祖父母がチヤホヤする、の影響もあるか?日本人は田植えというイベントに象徴されるようにキャンペーンに従順だが、そうでない支那人は人民共和国と戦争すると“勝ち目の濃い方”に雪崩込むのが予想される。平和主義の究極の目標は核兵器廃絶だろうが全世界の全面降伏までは無理

  • mannma さん

    なんというか・・・中国の人たちは、一生懸命生きているんだな〜生き抜くことに必死!「得」をすること、「濡れ手で粟」が一番!なのね・・国民性の違いはどこにでもあるし、日本だって他の国からみれば?なところは沢山ある。こういう国民性・背景があることを知ってニュースを見れば納得できるかも。格差社会の弊害が透けて見える。私も、もし今の中国に生まれていたら、笑い事じゃなくこうなっていたかも・・・でも、他の国・人に迷惑をかけないでね・・・ 

  • Naaja さん

    まさか!?と思う事ばかりなんですが、これまで他の本で読んだ事柄の裏付けばかりでちょっと怖いかも・・。

  • 岡 幸治 さん

    「中華バカ」とは中国にハマった著者の事で、中国がバカだという意味ではありません。しかし中身はさすが人口大国ネタの宝庫です。基本的な感想は怖い国で何事も「自己責任」で行動する必要がありそうです。文化の違いは大きいと感じました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

奥窪優木

1980年、愛媛県生まれ。フリーライター。上智大学経済学部卒業。米ニューヨークや中国広東省で現地記者として活動後、2008年に帰国。現在は日本や中国の社会事象を中心に取材を行い、週刊誌や夕刊紙などに記事を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品